BLOG

スレート屋根について 豊川市の外壁塗装・屋根塗装専門店のグラフィティー

こんにちわ!

豊川市の外壁塗装・屋根塗装専門店のグラフィティーです。

今回は、スレート屋根についてお話しさせていただきます。

♦︎スレート屋根のメリットとデメリット

屋根材の種類のひとつにスレートがあります。
スレートは天然スレートと化粧スレートの2つに分類されます。

•天然スレート:粘板岩を薄い板状に加工した屋根材
•化粧スレート:セメントに繊維素材を混合して薄い板状に加工した屋根材

天然スレートは価格が高いため、現在は化粧スレートが多く使用されていると言えるでしょう。 スレートは「コロニアル」や「カラーベスト」と呼ばれることがありますが、呼び方が違うだけですべて同じ屋根材です。
現在、化粧スレートを生産している唯一のメーカー商品が「カラーベスト」であり、カラーベストの代表的な商品名を「コロニアル」と呼びます。

1.屋根にスレート材を使うメリットとデメリットとは

以下ではスレート屋根のメリットとデメリットを説明します。 特徴を知り、屋根材を選ぶときの参考にしてください。

スレート屋根のメリット

スレート屋根は日本の戸建て住宅の屋根材としてはもっとも普及しており、人気がある屋根材と言えるでしょう。 人気の理由は主に3つあります。

1.価格が安い

スレート屋根は価格が安いことがメリットのひとつです。 施工に使用する部材がスレート本体以外にほとんどないため、安い価格で施工できることが大きな特徴です。 特に新築工事の場合は、他の屋根材に比べて安い価格で施工することが可能です。
なるべくコストを抑えて施工したい人におすすめと言えるでしょう。

2.軽量で耐震性が高い

スレート屋根は、厚さ約5ミリメートルの軽い屋根材です。 粘土瓦と比べると半分程度の重さしかなく、1平方メートルあたり21キログラムと非常に軽いことが特徴といえます。 スレート屋根は、建物にかかる負担が少なく、地震の揺れに強いことがメリットです。

3.依頼できる施工業者が多い

スレート屋根は日本の戸建ての屋根材としてもっとも普及しているため、依頼できる施工業者が多いことがメリットです。 依頼できる施工業者が多いと、新築工事だけではなくリフォームやメンテナンスのときにも依頼しやすいといえます。 長い目で見ても安心できる点が大きな特徴です。

スレート屋根のデメリット

スレート屋根にはさまざまなメリットがあるため良い印象を受けた人も多いでしょう。 しかし、デメリットがないわけではありません。 以下ではスレート屋根のデメリットを紹介します。

1.塗装メンテナンスが必要

スレート屋根の素材自体には雨水を防ぐ「防水性」がないため、生産時に塗装をすることで防水性を高めます。 塗料は紫外線や雨、風などにさらされることで、いずれは剥げてしまいます。 塗装が剥げたままにしておくと防水性が失われて雨漏りの原因となるため、定期的に塗装メンテナンスが必要となるでしょう。

2.ひび割れしやすい

スレート屋根は、他の屋根材に比べてひび割れしやすいことがデメリットです。 塗装が剥げて防水性が失われることによって、急激な雨水の吸水と乾燥を繰り返すことでひび割れが起きてしまいます。 また、スレートに切れ込みを入れるなど少し凝ったデザインの場合は、より割れやすくなります。

3.雨漏りしやすい

スレート屋根が雨漏りしやすい原因はいくつかあります。

•塗装が剥げて雨水がしみ込む
•ひび割れ部分から雨水が侵入する
•反りや浮き部分から雨水が侵入する

上記の原因はすべて、スレート屋根の塗装が剥げたことで起きます。 放置しておくと雨水が深部まで入り込み、屋根だけでなく建物全体の劣化が深刻になる恐れがあります。

 

2.スレート屋根の耐用年数をチェック

スレート屋根の寿命は20~30年ほどで、寿命を縮めないためには定期的なメンテナンスが必要です。 以下では補修や塗装メンテナンス、葺き替えに必要な年数をそれぞれ説明します。

塗装や補修が必要な年数

「塗装」が必要な症状と年数 • 色あせ:築5~7年 • コケの繁殖:築7~10年 • ひび割れ:築10年 「補修」が必要な症状と年数 • 欠け:築10年以上 • 反りや浮き:築10年以上 上記のとおり、症状によってメンテナンス方法や時期は変わります。 適切な時期にメンテナンスをすることにより、スレート屋根の寿命の縮みを防ぐことが可能です。

スレートの葺き替えが必要な年数

スレート屋根は、メンテナンスをしていれば30年以上もつと考えられています。 しかし、メンテナンスをおこなわずにいると、20年ほどで寿命がくる恐れがあります。 症状が悪化した場合は補修や塗装メンテナンスでは対応できないため、葺き替えが必要になります。

3.スレート屋根を使う場合の注意点

スレート屋根を使う場合の注意点は2つあります。 具体的な内容を知っておくことで費用や労力を節約できるでしょう。

業者選びは慎重に

1つめの注意点は慎重に業者を選ぶことです。 実際に、塗装メンテナンスをしたにもかかわらず雨漏りする事例があります。 雨漏りの原因は、塗装後に雨水を排出するための隙間を設けていないことです。 屋根には屋根材の下に入り込んだ雨水を排出するための隙間があります。
屋根塗装をすると塗料によって隙間がふさがるのですが、人為的に隙間を設ける工程(縁切り)がおこなわれるため通常なら問題ありません。
しかし、未熟な業者や手抜き工事の場合は縁切りがおこなわれない恐れがあります。 塗料の機能性も重要ですが業者選びはもっとも大切だと考えておきましょう。

定期的に劣化状況を確認しよう

2つめの注意点は、定期的に劣化状況を確認することです。 スレート屋根を寿命ギリギリまで使うには、5~10年に1度の定期的な点検が必要です。 色あせやひび割れなどの劣化状況の確認が大切だと覚えておきましょう。 点検をおこたると雨漏りが発生する危険が高まります

豊川市の皆様のお住いに関するお悩みや不安をお気軽にご相談ください!

豊川市の一般的なお家で外壁塗装ってどのくらい費用がかかるの?
外壁塗装の工期ってどのくらいがかかるの?
外壁塗装ってどのくらいの予算内で工事ができるの?
外壁塗装、塗り替えって必要なの?
塗り替えリフォームの時期はいつ?
豊川市では外壁塗装はどんな業者に任せたらいいの?
…こんな方は是非お越しください。

外壁塗装&屋根リフォームのご質問&ご相談は無料です!!
お気軽にご来場ください!どなたでもお越しいただけるお祭りです!

予約はこちらからもできます!⇒https://graffity-tosou.jp/showroom/

電話予約の方はコチラ!⇒053-401-1874

外壁塗装・屋根塗装・防水工事をお考えの方は豊川市のグラフィティーで、是非一度 ご相談ください(*^^*)

GRAFITYショールームのご案内

ショールームには体験キッドや実際に使われている材料など。
皆様が実際に見て触れて感じて頂けるものをご用意しております。

ご相談・お見積りはグラフィティーまで!

不安な点や、気になる事は今すぐ解消しましょう。

グラフィティーではご相談・現地調査・お見積り提出まで無料で承らせて頂きます。

GRAFITYの塗装ラインナップ☆彡

「外壁塗装・屋根塗装の価格を知っておきたい!」という方は、是非ご覧ください。

GRAFITYの施工事例♫

「外壁塗装・屋根塗装を依頼したいが、色のイメージが湧かない…」
そんな方には、カラーシュミレーションの前にこちらをご覧いただきたいです!

※今ならお見積り依頼キャンペーンで素敵なプレゼントがもらえるかも!?

静岡県浜松市の外壁塗装&屋根塗装専門店グラフィティー
浜松ショールーム

〒432-8068 静岡県浜松市西区太平台3丁目7-16

TEL:053-401-1874 

本社

〒442-0857 愛知県豊川市八幡町字足洗6
TEL:0533-95-3225

 

 

関連記事一覧

  1. 豊川 外壁塗装 屋根塗装
  2. 豊川 外壁塗装 屋根塗装
  3. 豊川 屋根 塗装
  4. 豊川 外壁塗装 屋根塗装
PAGE TOP