BLOG

スレート屋根について 豊川市の外壁塗装・屋根塗装専門店のグラフィティー

こんにちわ!

豊川市の外壁塗装・屋根塗装専門店のグラフィティーです。

今回は、スレート屋根についてお話しさせて頂きます。

スレート屋根の失敗しないための5つの注意点

「塗装する際の注意点は?」

と基本的な知識が気になって調べているのではないでしょうか。

特に初めて塗装される方は、何も分からないまま工事をするのは不安ですよね。

 

 

● スレート屋根のホントの塗装時期

スレート屋根塗装をいつ頃行うのが理想なのか、適正時期を解説します。

時期を逃してしまうと、塗装ではメンテナンスできず、改修工事になって費用も上がってしまいます。

ホントの塗装時期を把握してスレート屋根を長持ちさせていきましょう。

 

1-1 目安の年数は築7~8年

スレート屋根の塗装目安時期は築7~8年です。

少し早いように思われるかもしれませんが、屋根は外壁と違って太陽の光が直接当たるので劣化も早いです。

築7~8年過ぎたら、塗装業者に連絡し、まずは屋根の点検をしてもらうことをおすすめします。

 

1-2 4つの劣化症状

塗装時期を判断する具体的な4つの劣化症状について解説していきます。

屋根点検をして、劣化症状が一つでも発生していれば塗装の時期が来ていますので、早めに塗装を行ないましょう。

 

▪吸水

スレートが水を弾かなくなって吸水するようになっていたら、すでに防水性は失われ塗装の時期が来ています。

放っておくと、スレート自体の耐久性が低下し、割れやコケの発生の原因となってしまうので早めに塗装することが大切です。

 

▪ひび割れ

スレートにひび割れが発生していたら、塗装が必要な時期を過ぎています。

スレートは防水性が無くなり、雨の日に吸水すると膨張し、晴れの日に乾いて収縮します。

長い間、膨張・収縮を繰り返すことでひびが入ってしまいます。

放っておくとひびが大きくなり欠けてしまうので、早めの塗装が必要です。

 

▪コケの発生

スレートの防水性が無くなると、コケも発生します。

よく茶色くなってしまった屋根を見かけますが、それも枯れたコケです。

コケは見た目が損なわれるだけでなくスレート自体の耐久性も弱くしてしまいます。

高圧洗浄で綺麗に取り除いた上で、塗装を行ないましょう。

 

▪反り

スレートが反ってしまっていたら、かなり塗装時期が過ぎています。

スレートは元々とても硬くて丈夫な屋根材です。

しかし、吸水して膨張・乾いて収縮を長い年月繰り返すことで変形してしまいます。

一度反ったスレートは元に戻すことが出来ず、ある日バリン!と大きく割れてしまうことも。

これ以上反りが進む前に塗装を行うことが大切です。

 


● おさえておくべき5つの注意点

スレート屋根の塗装では、実は塗装後に不具合や雨漏りが起きてしまう残念なケースもあります。

そんなトラブルを防ぐために事前に知っておいてほしい5つの注意点をご紹介します。

塗装前に知識を付け、工事を成功させていきましょう。

 

3-1 DIYでなくプロに依頼する

スレート屋根塗装はDIYでなく、プロに依頼しましょう。

屋根塗装なら自分でもできるかな?と挑戦されたい方もいらっしゃるかもしれませんが、まず危険です。

プロでも屋根から落ちて怪我をする事があるくらい、落下事故は頻繁に起こりますので、おすすめできません。

また、塗装はただ塗料を混ぜて塗るだけではありません。

塗料を混ぜる分量や乾燥させる時間も決まっています。

そういった知識がないと塗った後に剥がれてきてしまうなどの不具合が発生します。

せっかく時間と手間をかけて塗っても、すぐに剥がれてしまっては意味がないですよね。

安全にスレート屋根を長持ちさせるためにも塗装専門業者に依頼しましょう。

 

3-2 足場なし・簡易足場で工事しない

足場なし・簡易足場で工事しないようにしましょう。

塗装工事で大きな割合を占める「足場費用」。

なんとか省略したいと思われるかもしれませんが、それはNGです。

足場がない危険な状態では、腕の良い職人でも丁寧な作業はできません。

 

また単管足場というパイプをつなげただけの簡易的な足場も法律で禁止されています。

見つかると工事がストップしてしまう可能性もあるので、おすすめできません。

少し費用がかかっても、安全な足場(ビケ足場・クサビ式足場)で工事してもらいましょう。

 

 

3-3 縁切り(タスペーサー挿入)をする

スレート屋根塗装では、縁切りを忘れず行なってもらいましょう。

縁切りとは、塗装でくっついた屋根同士の縁を切る作業です。

最近では、塗装中にタスペーサーという部材を入れて隙間を確保する方法が主流となっています。

この縁切りを行なわないと、塗料で屋根の縁がくっつき、水ハケが悪くなります。

そうなると屋根に水の跡がついてしまったり、最悪の場合雨漏りに繋がってしまいます。

せっかく塗装したのに。雨漏りしてしまっては本末転倒です。

スレート屋根塗装の際は縁切りを必ずしてもらいましょう。

 

3-4 棟板金に釘打ちコーキングをする

スレート屋根で忘れてはいけないのが「棟板金」

棟板金とは、屋根をおさえる屋根のてっぺんにある板金のことです。

 

実は台風で屋根が飛んだという被害は、この棟板金が飛んだケース多く注意が必要な箇所になります。

 

棟板金は横から釘で固定されていますが、年数が経つとその釘が抜けてきてしまいます。

釘が抜けると強い風が吹いたときに板金ごと飛ばされる恐れがあります。

そうならないために、棟板金の釘が抜けていないかチェックし、釘を打ち込んで上からコーキングで抜けてこないように蓋をすることが大切です。

この棟板金の釘打ちコーキングの作業は、通常やらない業者もいます。

見積りをもらった時点で釘打ちコーキングの作業が入っているか必ず確認しましょう。

 

3-5 劣化が進んだ屋根にはカバーor葺き替え

もしご自宅のスレート屋根の劣化が進んでいたら、カバー(重ね葺き)工事か葺き替え工事を行ないましょう。

塗装工事に比べて、カバー工事や葺き替え工事の方が費用も上がるので、避けたい方もいらっしゃると思います。

しかし、劣化が進んでいるスレート屋根に無理に塗装をしても、状態は良くならず費用が無駄になってしまいます。

無駄なお金をかけないためにも、カバー工事・葺き替え工事など確実に状態が改善する工事を行ないましょう。

豊川市の皆様のお住いに関するお悩みや不安をお気軽にご相談ください!

豊川市の一般的なお家で外壁塗装ってどのくらい費用がかかるの?
外壁塗装の工期ってどのくらいがかかるの?
外壁塗装ってどのくらいの予算内で工事ができるの?
外壁塗装、塗り替えって必要なの?
塗り替えリフォームの時期はいつ?
豊川市では外壁塗装はどんな業者に任せたらいいの?
…こんな方は是非お越しください。

外壁塗装&屋根リフォームのご質問&ご相談は無料です!!
お気軽にご来場ください!どなたでもお越しいただけるお祭りです!

予約はこちらからもできます!⇒https://graffity-tosou.jp/showroom/

電話予約の方はコチラ!⇒053-401-1874

外壁塗装・屋根塗装・防水工事をお考えの方は豊川市のグラフィティーで、是非一度 ご相談ください(*^^*)

GRAFITYショールームのご案内

ショールームには体験キッドや実際に使われている材料など。
皆様が実際に見て触れて感じて頂けるものをご用意しております。

ご相談・お見積りはグラフィティーまで!

不安な点や、気になる事は今すぐ解消しましょう。

グラフィティーではご相談・現地調査・お見積り提出まで無料で承らせて頂きます。

GRAFITYの塗装ラインナップ☆彡

「外壁塗装・屋根塗装の価格を知っておきたい!」という方は、是非ご覧ください。

GRAFITYの施工事例♫

「外壁塗装・屋根塗装を依頼したいが、色のイメージが湧かない…」
そんな方には、カラーシュミレーションの前にこちらをご覧いただきたいです!

※今ならお見積り依頼キャンペーンで素敵なプレゼントがもらえるかも!?

静岡県浜松市の外壁塗装&屋根塗装専門店グラフィティー
浜松ショールーム

〒432-8068 静岡県浜松市西区太平台3丁目7-16

TEL:053-401-1874 

本社

〒442-0857 愛知県豊川市八幡町字足洗6
TEL:0533-95-3225

 

関連記事一覧

  1. 豊川 外壁 塗装
  2. 豊川 外壁 塗装
  3. 豊川 外壁塗装 屋根塗装
  4. 豊川 外壁塗装 屋根塗装
  5. 豊川 外壁 塗装
PAGE TOP