BLOG

バルコニー塗装 豊川市の外壁塗装・屋根塗装専門店のグラフィティー

おはようございます!

豊川市の外壁塗装・屋根塗装専門店のグラフィティーです。

今回は、バルコニー塗装についてお話しさせて頂きます。

♦︎バルコニーの外壁&防水塗装の種類・時期をチェック!

「バルコニーの塗装をしたいけれど何から手を付けたらいいのかわからない」
「バルコニーの依頼時の注意点を知りたい」
こういった疑問を持っている人は多いでしょう。

1.バルコニーの塗装は外壁塗装と防水塗装の2種類

バルコニーの塗装には外壁塗装と防水塗装の2種類があります。
自宅のバルコニーを塗装する際に、どちらを利用したらよいかはすぐにはわからないでしょう。

外壁塗装と防水塗装の使い分けは以下を参考にしてください。

  • 外壁塗装:バルコニーの床をのぞく部分の塗装
  • 防水塗装:バルコニーの床の塗装

防水塗装は床以外では滅多に利用しないため、床を塗るかどうかで判断するとよいでしょう。以下では、外壁塗装と防水塗装の特徴を解説します。

1-1.外壁塗装

外壁塗装は、バルコニーに限らず住宅全体でも行う一般的な塗装方法です。防水塗装とくらべて必要性や使う塗料が違います。

外壁塗装の必要性

外壁塗装が必要な理由は2つあります。

  1. 美観を維持する
  2. 外壁材を保護する

外壁塗装をする1つ目の目的は「外壁の見た目をキレイにすること」です。塗り替えをすることで外壁の見栄えがよくなるでしょう。ボロボロの家だと近隣住民から白い目で見られてしまい世間体が悪くなります。

外壁塗装をする2つ目の目的は「外壁材を保護すること」です。
外壁材は塗装をしないで放置すると劣化が進行します。劣化が進みすぎるとひび割れや腐食が起こるため外壁材の交換が必要となるでしょう。外壁塗装には、外壁材が劣化しないよう抑えて雨漏りや虫の侵入を防止する効果があります。

バルコニーで外壁塗装をする部位

バルコニーで外壁塗装をする部位は「床以外」です。
天井や壁、手すりなど、床を除くすべての部位が外壁塗装の対象となります。
特に、モルタルやサイディングで作られている場所は外壁塗装が必要です。

外壁塗装に使う塗料

外壁塗装に使う塗料は主に3種類あります。

「ウレタン塗料」

光沢がある仕上がりになるのが特徴的な塗料です。
耐用年数は8〜10年と短く、近年では利用頻度が低下しています。

「シリコン塗料」

汚れが付きにくい特徴がある塗料です。
耐用年数は10〜15年でコストパフォーマンスが高く、最も人気がある外壁塗料です。

「フッ素塗料」

耐久性が高くてメンテナンスの手間が省ける塗料です。
耐用年数は15〜20年と非常に長いです。

1-2.防水塗装

防水塗装は、バルコニーや屋根といった一部でしか使わない特殊な塗装方法です。
主に床の塗装に利用します。

防水塗装の必要性

防水塗装の目的は2つあります。

  1. 雨漏りを防止する
  2. 美観を維持する

防水塗装をする1つ目の理由は、雨漏りを防止するためです。
外壁塗装の場合は雨漏りを防止する機能はほとんどありません。

一方で、防水塗装は雨漏りを防ぐことを重視しているため、塗装をした場所が水漏れを起こすことは基本的にありません。
防水塗装と外壁塗装の最大の違いは「雨漏りを防げるかどうか」と言えるでしょう。

防水塗装をする2つ目の理由は、美観を維持するためです。
外壁塗装ほどではありませんが、防水塗装も見た目をキレイにする機能があります。

バルコニーで防水塗装をする部位

バルコニーで防水塗装が必要な部位は「床」です。
防水塗装は原則として床に対してのみ利用します。
なぜなら、雨は高い場所から低い場所へ落ちるため最終的に床に集まりやすいからです。

防水塗装に使う塗料

防水塗装に使う塗料は主に2種類あります。

  1. FRP塗料
  2. ウレタン塗料

「FRP塗料」

バルコニーの塗装で頻繁に利用する塗料です。
ポリエステル樹脂やガラス繊維などを組み合わせた塗料で、ウレタン塗料に比べて摩擦や衝撃に対する耐久性が高い特徴があります。
FRP塗料の耐用年数は10〜13年です

「ウレタン塗料」

外壁塗装でも利用しているウレタン塗料です。
防水塗料の場合は原料こそ同じですが防水機能を備えた種類を使います。

FRP塗料よりも価格が安いものの、均一の厚さにできないという特徴があります。
また、FRP塗料に比べると傷がつきやすく耐久性が低いです。
ウレタン塗料の耐用年数もFRP防水と同じく10〜13年です。

 

2.バルコニーの外壁塗装・防水塗装をする時期の見分けかた

バルコニーの塗装は、繁忙期に依頼すると工事費が増えるケースがあるため、最適な時期に依頼をすることで節約が可能です。
しかし、知識がない人が塗装に最適な時期を見分けることはできません。

以下では、外壁塗装と防水塗装に最適な時期を見極める方法を解説します。

2-1.バルコニーの塗り替えに最適な時期

バルコニーの塗装に最適な時期は、前回のリフォームまたは新築から10年後です。最適な時期は、外壁塗装・防水塗装のどちらも同じです。塗装をしてから10年が経過したら塗替えを検討するものだと考えておきましょう。

ただし、10年という年月は目安でしかありません。住宅の周辺環境によっては8年で塗装が必要な場合や、15年は大丈夫というケースもあるでしょう。

最適な時期を見極めるには、住宅の劣化状況から判断するのが一番です。以下では、外壁塗装と防水塗装における塗替えが必要な劣化症状を解説します。

2-2.外壁塗装の塗り替え時期を見分ける劣化症状

外壁塗装の塗り替えが必要な劣化症状を3つ紹介します。
下記の症状が見つかったら塗替えを検討しましょう。

チョーキング

塗料が劣化して粉状になる劣化症状です。チョーキングが発生すると、「外壁材を保護する」という塗装の機能が失われてしまうため塗替えを検討しましょう。

塗膜の剥がれ

外壁の塗膜(塗装の膜)が剥がれたために下塗り材や外壁材が露出する劣化症状です。塗膜が剥がれた部分から紫外線や雨が侵入しやすくなるため外壁材の劣化が早まります。

下塗り材には外壁を保護する機能がないため、「下塗りの塗装が残っているからまだ大丈夫」と安心しないようにしましょう。塗膜の剥がれが起こっている場合は早めに塗り替えを検討してください。

ひび割れ

塗装の表面や外壁材に亀裂が入る現象がひび割れです。塗装表面だけの浅い症状を「チェッキング」、下塗りや外壁材まで貫通している深い症状は「クラッキング」と呼びます。

「クラッキング」の場合は外壁材の内部に雨や風が侵入して劣化を早めてしまいます。ひび割れが見つかった場合は補修と塗り替えをしましょう。

2-3.防水塗装の塗り替え時期を見分ける劣化症状

防水塗装の塗替え時期は以下の4つで確認します。
放置すると雨漏りが起こるため、外壁塗装よりも先に塗り替えを検討したほうがよいでしょう。

塗膜の剥がれ

防水塗装が剥がれている状態です。1箇所だけであっても雨が侵入して他の正常な防水塗装まで劣化する危険性があります。剥がれている部分を見つけたら塗替えをしたほうがよいでしょう。

ひび割れ

防水塗装に亀裂が入っている状態です。塗装に亀裂が入っている場合、雨が侵入しやすくなります。

表面だけの亀裂なら雨漏りが起こる心配は少ないですが、防水層と呼ばれる「雨漏りを防ぐ塗装」が劣化している場合は雨漏りの危険性があります。ひび割れが塗装の膜を貫通しているようなら塗り替えをしましょう。

床に水がたまる

バルコニーの床に水が溜まりやすくなっている場合、防水塗装に問題があります。本来、バルコニーの床には水がたまらないよう傾斜がつけられています。

水が溜まる場合は床の角度に問題が発生しているため、モルタルの補修が必要です。放置すれば、溜まった雨水が防水塗装を劣化させてしまうでしょう。

排水溝が詰まる

防水塗装の劣化とは異なりますが、排水溝が詰まっている場合はすぐに修理が必要です。詰まった排水溝は雨水を正常に流せないため水が溜まって雨漏りが発生しやすくなります。バルコニーに水が溜まりやすいと感じたら排水溝もチェックしてみてください。

 

 

関連記事一覧

  1. 豊川 外壁 塗装
  2. 豊川 外壁塗装 屋根塗装
PAGE TOP