BLOG

ローラー塗装・吹き付け塗装 豊川市の外壁塗装・屋根塗装専門店のグラフィティー

こんにちわ!

豊川市の外壁塗装・屋根塗装専門店のグラフィティーです。

今回は、ローラー塗装と吹き付け塗装についてお話しさせて頂きます。

♦︎「ローラー塗装」を「吹き付け塗装」と比較

外壁や屋根の塗装には主に手塗りの「ローラー」と「吹き付け」が比較されることが多いですが、どちらがいいのでしょうか?現在塗装の主流は「ローラー」と「刷毛(はけ)」を使った手塗りの塗装です。その理由は塗料の飛散が「吹き付け」に比べて、少なく仕上がりが綺麗だからです。また吹き付け塗料は、塗料の飛散が激しいため、年々使われなくなっている事実があります。

しかし吹き付け塗装には、モルタル壁に凝った模様を作れる長所があります。本日は外壁塗装で親方を30年やっている筆者が「ローラー」と「吹き付け」のメリット・デメリットを比較しながら解説いたします。

1 ローラー塗装のメリット・デメリット

ローラー塗装は、施工ごとに新しいローラーを専用の棒(ハンドル)に装着して使います。

●ローラーのメリット

・塗料の飛散が少ない
・塗料の飛散が少ないから無駄も少ない
・塗料の飛散が少ないから養生の手間も少ない
・塗りが均等で、ムラが発生しづらい
・技術力が低くても塗りやすい
・デコボコの面にも毛足の長いローラーで対応可能
・高い場所の塗装が安全
・塗料の付着が強い
・厚く塗れる

●ローラーのデメリット

・仕上がり方がどれも同じようで個性がない。画一的
・ローラーが入らないような細い箇所は塗装できない
・吹き付けより塗装の時間がかかる
・雨戸などの複雑な形のものの塗装に向かない
・職人が下手だったり、安いローラーを使うとローラーの毛が外壁についたままに

外壁塗装のほとんどは、ローラーによる手塗りです。希釈率の低い塗料を擦り付けるように塗ることで、塗料の飛散が少なく、塗膜を厚くぬることができます。デメリットは、吹き付けに比べると、塗装の時間がかかったり、仕上がりのデザインが画一的になってしまう事です。

しかし、ローラー塗装であってもやはり職人の腕が重要ですから、業者の選別がもっとも大切になります。

2 ローラーの毛の長さによる違いとは?

ローラーには、「長毛」「中毛」「短毛」の三つがあります。

●長毛のローラーの特徴

毛が長いと、それだけ塗料の含みが良くなりますので、ひと塗りで広く塗れるため作業性が高まります。デコボコの面も毛がないので、塗り残しなく濡れます。

●中毛のローラーの特徴

長毛と短毛の両方の特徴を持ったローラーです。多少のデコボコの面も綺麗に塗装できる万能タイプのローラーです。

●短毛のローラーの特徴

毛が短いほど、きめ細かい仕上げになります。また窓枠など障害物が多い箇所の塗装に向いています。

3 吹き付け塗装のメリット・デメリット

吹き付け塗装は下記写真のような、スプレーガンを使って塗装します。

●吹き付けのメリット

・塗料に細かい石を混ぜると、さまざまな仕上がりになる
・塗装時間が早い
・工場や倉庫のような塗装面が広い場合は塗装が早い
・費用をおさえることができる

●吹き付けのデメリット

・塗料を大量に使う
・養生するのに手間がかかる
・塗料の付着が弱い
・職人に高い技術が求められる
・吹き付け塗装ができる業者が少ない

吹き付け塗料は、仕上がりが綺麗で多様性があり、施工時間もローラー塗装より短いという大きなメリットがありながら、外壁塗装では主流ではありません。それには2つの理由があります。

①飛散が激しい吹き付け塗料は、近隣に配慮が必要な外壁塗装では難しい
②モルタル壁からサイディングボートに主流が移りつつあり、吹き付け塗料が必要ない

そのため、現在、吹き付け塗装の経験がある職人も少なくなっています。安全性や近隣への配慮に特に気にかける外壁塗装では、吹き付け塗料は現場からも好まれてはいないのです。

4 ローラー塗装と吹き付け塗装はどっちがいいの?

例えば工場や倉庫の広い平米の塗装には、吹き付け塗装だと広い場所を短い時間で施工できますし、モルタル壁にはスタッコ仕上げやリシン仕上げなど、多様な仕上がりは吹き付けだからこそできる模様なのです。

しかし、それ以前に塗装工事には、「安全性」と「近隣に対する配慮」が重要であり、吹き付け塗料は、完全養生をしたとしても、どうしても塗装が漏れてしまいます。

こういった観点から、現代はローラー塗装が良いというより、ローラー塗装しか選択肢にならない状況がほとんどです。

5 ローラーは刷毛(はけ)も一緒に使って塗装します

刷毛は昔から使われている、塗装の道具です。そして手塗り塗装として、ローラーと一緒に刷毛も使われます。

●刷毛による塗装のメリット

・最も丁寧な仕上がりになる
・小さな面の塗りが得意
・塗料の付着が強い

●刷毛による塗装のデメリット

・塗装に時間がかかる

刷毛はもっとも仕上がりが綺麗な塗装道具です。結論から言えば、塗装面すべてを刷毛でやるのが望ましいのですが、時間がかかりすぎますので、ベースはローラーで行い、細かい面や仕上がりを刷毛で行うのが一般的です。

また、可動部があるシャッターの塗装などは、ローラーで厚塗りしてしまうと、シャッターが閉まらない可能性が出てくるので、刷毛で細かく塗装します。

6 刷毛の種類

刷毛の毛にも種類があり、塗料や塗装により向きと不向きがあります。

●馬毛

よく使わる毛。ある程度の腰もある。油性塗料に最適

●豚毛

毛質が太く腰もありますが、毛先が柔らかい。木部の塗装や油性塗料に最適

●山羊毛

塗料の含みがよく、毛質が柔らかい。水性塗料に最適

●ナイロンなどの化学繊維

速乾性の塗料や、溶剤に対応

7 ローラー塗装のまとめ

外壁や屋根で一般的な塗装は、ローラーと刷毛を使って手塗り塗装です。吹き付け塗装は特殊な仕上がりが必要な時に使われます。

しかし、やはり外壁塗装では、安全面と近隣への配慮が重要ですから、飛散の多い、吹き付け塗装をする機会は少なくなってきており、現在はローラー塗装が基準です。

豊川市の皆様のお住いに関するお悩みや不安をお気軽にご相談ください!

豊川市の一般的なお家で外壁塗装ってどのくらい費用がかかるの?
外壁塗装の工期ってどのくらいがかかるの?
外壁塗装ってどのくらいの予算内で工事ができるの?
外壁塗装、塗り替えって必要なの?
塗り替えリフォームの時期はいつ?
豊川市では外壁塗装はどんな業者に任せたらいいの?
…こんな方は是非お越しください。

外壁塗装&屋根リフォームのご質問&ご相談は無料です!!
お気軽にご来場ください!どなたでもお越しいただけるお祭りです!

予約はこちらからもできます!⇒https://graffity-tosou.jp/showroom/

電話予約の方はコチラ!⇒053-401-1874

外壁塗装・屋根塗装・防水工事をお考えの方は豊川市のグラフィティーで、是非一度 ご相談ください(*^^*)

GRAFITYショールームのご案内

ショールームには体験キッドや実際に使われている材料など。
皆様が実際に見て触れて感じて頂けるものをご用意しております。

ご相談・お見積りはグラフィティーまで!

不安な点や、気になる事は今すぐ解消しましょう。

グラフィティーではご相談・現地調査・お見積り提出まで無料で承らせて頂きます。

GRAFITYの塗装ラインナップ☆彡

「外壁塗装・屋根塗装の価格を知っておきたい!」という方は、是非ご覧ください。

GRAFITYの施工事例♫

「外壁塗装・屋根塗装を依頼したいが、色のイメージが湧かない…」
そんな方には、カラーシュミレーションの前にこちらをご覧いただきたいです!

※今ならお見積り依頼キャンペーンで素敵なプレゼントがもらえるかも!?

静岡県浜松市の外壁塗装&屋根塗装専門店グラフィティー
浜松ショールーム

〒432-8068 静岡県浜松市西区太平台3丁目7-16

TEL:053-401-1874 

本社

〒442-0857 愛知県豊川市八幡町字足洗6
TEL:0533-95-3225

 

 

関連記事一覧

  1. 豊川 外壁塗装 屋根塗装
  2. 豊川 外壁 塗装
  3. 豊川 外壁塗装 屋根塗装
PAGE TOP