1.外壁塗装にひび割れが発生する5つの原因

外壁塗装にひび割れが生じる主な原因は、下記の5つです。

① 外壁塗装の経年劣化

外壁塗装は時間の経過とともに劣化が進行します。ある程度劣化が進行すると、劣化症状としてひび割れが生じることがあります。

外壁塗装をしてから数年後にひび割れが生じた場合は、経年劣化が原因である可能性が高いです。

外壁塗装に生じるひび割れの多くが、この経年劣化が原因です。

② 外壁塗装の施工不良

外壁塗装時に施工不良があった(塗装業者による施工内容に不備があった)場合にも、ひび割れが生じることがあります。

外壁塗装をしてすぐ、数ヶ月~1年以内にひび割れが生じた場合には、施工不良が原因の可能性があります。塗装をしてから数年経って生じたひび割れの原因が施工不良であることは、まずありません。

ひび割れを生じさせる施工不良の例は、下記の通りです。

[施工不良の例]

◎乾燥不足
[一般的な外壁塗装の流れ]下塗り⇒(乾燥時間)⇒中塗り⇒(乾燥時間)⇒上塗り
上記の通り、下塗り後、中塗り後には、塗料を乾燥させるための時間「乾燥時間」を必要とします。ちなみに、どれぐらい乾燥時間が必要かは、各塗料メーカーによって製品ごとに定められています。
この乾燥時間を守らず、下塗りや中塗りが乾かないうちに次の工程を進めてしまうと(上から塗り重ねてしまうと)、ひび割れが発生してしまうことがあります。

◎塗料の選択ミス
塗料を選ぶ際に注意しなければならないのが、
・外壁材(下地)と、下塗り塗料の相性
・下塗り塗料と、中塗り・上塗り塗料の相性
(中塗りと上塗りには、同じ塗料製品を使用するのが一般的です)
です。塗装業者の知識不足等により相性のよくない塗料を選んでしまうと、外壁塗装のひび割れや、塗膜の膨れ・剥がれなどの不具合を引き起こしてしまうことがあります。

※上記以外の施工不良が原因で、外壁塗装にひび割れが生じてしまうこともあります。

③ 車や電車などの振動

車(特に大きなトラックなど)や電車などが通過する時には、少なからず振動が生じます。この振動が地面を伝って住まいにも振動を与え、その結果、外壁塗装にひび割れが生じてしまうことがあります。

特に大きな道路沿い、線路の近くなどに住まいがある場合には、頻繁に振動を受け続けることになるため、外壁塗装のひび割れが生じやすい傾向にあります。

④ 地震

地震による揺れが原因で、外壁塗装がひび割れることもあります。

この場合、表層の外壁塗装だけではなく、外壁材などもひび割れている可能性が高いです。

⑤ 住まいの構造の問題など

・住まいの構造の問題
・地盤の問題(住まいを建てている地盤に弱い箇所があるなどの原因で、住まいが傾いてしまうことがあります)
がある場合にも、外壁塗装にひび割れが生じることがあります。

この場合、④と同じく、表層の外壁塗装だけではなく、外壁材などもひび割れている可能性が高いです。

 

2.外壁塗装のひび割れは放っておいて大丈夫?補修が必要?

外壁塗装のひび割れの進行段階によって、補修が必要かどうかを判断するのが一般的です。

①ひとまず経過観察でもOKなひび割れ

外壁塗装のひび割れが幅0.3mm未満の場合、ひとまず経過観察でも問題ありません。
※幅0.3mm未満のひび割れのことを、「ヘアークラック」と言います。

ただし、幅0.3mm未満のひび割れも、時間の経過とともに、いずれは大きなひび割れに進行する可能性もあります。そのため、ひび割れが大きくなっていないか、今後も定期的にチェックをする必要はあります。
もしくは、幅0.3mm未満のひび割れの段階で、早々に補修をしてしまうのも一つの手。塗装業者に依頼をしても良いですし、幅0.3mm未満のひび割れであれば自身での補修も可能です。

②補修が必要なひび割れ

・幅0.3mm以上のひび割れ

外壁塗装のひび割れが幅0.3mm以上の場合は、補修を検討しましょう。

ひび割れの問題は、見た目が悪いだけではありません。
ある程度、ひび割れが大きくなると、次第に雨水の浸入を許すようになります。外壁材に雨水が浸み込めば、外壁材は加速度的に傷んでいきます。さらに、躯体にまで雨水が浸入してしまうと、雨漏りが起こる可能性が高まるほか、カビやシロアリなどが発生してしまうことも。躯体の腐食が進むと、最悪の場合、早々に住まいの寿命を迎える…なんてことにもなりかねません。

ひび割れは放置するほど、進行して幅も広がっていき、ますます雨水が浸入しやすい状態となる可能性大。そのため、現在、ひび割れが幅0.3mm以上の場合は、早めに補修をすることをオススメします。

・外壁材までひび割れている場合

外壁材にまでひび割れが進行している場合は、早々に補修が必要となります。
場合によっては、ひび割れ補修だけでなく、外壁材の補修もしくは外壁の張り替え、外壁内部の補修等が必要となることもあります。

※「④地震」「⑤住まいの構造の問題など」が原因でひび割れが生じている場合には、住まいの躯体等にまで影響が及んでいることも。その場合、躯体の補修など、大がかりな補修工事が必要となる可能性もあります

豊川市の皆様のお住いに関するお悩みや不安をお気軽にご相談ください!

豊川市の一般的なお家で外壁塗装ってどのくらい費用がかかるの?
外壁塗装の工期ってどのくらいがかかるの?
外壁塗装ってどのくらいの予算内で工事ができるの?
外壁塗装、塗り替えって必要なの?
塗り替えリフォームの時期はいつ?
豊川市では外壁塗装はどんな業者に任せたらいいの?
…こんな方は是非お越しください。

外壁塗装&屋根リフォームのご質問&ご相談は無料です!!
お気軽にご来場ください!どなたでもお越しいただけるお祭りです!

予約はこちらからもできます!⇒https://graffity-tosou.jp/showroom/

電話予約の方はコチラ!⇒053-401-1874

外壁塗装・屋根塗装・防水工事をお考えの方は豊川市のグラフィティーで、是非一度 ご相談ください(*^^*)

GRAFITYショールームのご案内

ショールームには体験キッドや実際に使われている材料など。
皆様が実際に見て触れて感じて頂けるものをご用意しております。

ご相談・お見積りはグラフィティーまで!

不安な点や、気になる事は今すぐ解消しましょう。

グラフィティーではご相談・現地調査・お見積り提出まで無料で承らせて頂きます。

GRAFITYの塗装ラインナップ☆彡

「外壁塗装・屋根塗装の価格を知っておきたい!」という方は、是非ご覧ください。

GRAFITYの施工事例♫

「外壁塗装・屋根塗装を依頼したいが、色のイメージが湧かない…」
そんな方には、カラーシュミレーションの前にこちらをご覧いただきたいです!

※今ならお見積り依頼キャンペーンで素敵なプレゼントがもらえるかも!?

静岡県浜松市の外壁塗装&屋根塗装専門店グラフィティー
浜松ショールーム

〒432-8068 静岡県浜松市西区太平台3丁目7-16

TEL:053-401-1874 

本社

〒442-0857 愛知県豊川市八幡町字足洗6
TEL:0533-95-3225