BLOG

外壁塗装の足場について 豊川市の外壁塗装・屋根塗装専門店のグラフィティー

おはようございます!

豊川市の外壁塗装・屋根塗装専門店のグラフィティーです。

今回は、外壁塗装の足場の役割についてお話しさせていただきます。

♦︎外壁塗装における足場の重要さ

豊川 外壁 塗装

足場が組まれた家を見ると、自然と「外壁リフォームが行われているな」と思ってしまうでしょう。このように、外壁工事とワンセットで考えられる足場ですが、足場には、現場の最低限の安全性と作業性を確保するという、重要な役割があります。

 

 1 足場の有無が外壁塗装の仕上がりを左右する

外壁塗装工事で、何よりも最初に行われるのが、足場の組み立て工事です。

足場架設工事自体は1日で終わりますが、最初に設置された足場は、その後続く、養生、高圧洗浄、下地処理、塗装といった、一連の作業の安全性と施工品質を維持し続ける存在となります。

1.足場は高所での作業を安定させる

足場を組むことによって、建物の周りの空間が作業スペースと化します。

作業スペースが増えることによって足元が安定し、ハケやローラーを使うときに、手元が狂いにくくなります。

また、工具を持ち替えるときには、足場の板に塗料が入った入れ物や工具をいったん置いて、手を開放することも可能です。

足場を組み立てなくても、脚立でも事足りるのではないかと考える方もいますが、脚立にはそのスペースがないため、足元や手元が不安定になり、物や人の落下や、施工ミスのリスクを高めてしまいます。

●現場ごとに相性の良い足場がある

足場には、単管足場、単管ブラケット足場、クサビ足場(ビケ足場)などのいくつかの種類があり、家の立地や建物の大きさに応じて、適切なものを選んで使用します。

また、足場が設置できない現場では、「無足場工法」が選ばれることがありますが、ロープやブランコなど、足場の代わりとなる器具を用意しなければなりませんので、「無足場」と名は付いていますが、足場の一種と考えることができます。

2.現場の安全性を高める

足場があることによって、高所でも、職人が体制を崩しにくくなり、敷地内での転落事故を防ぐことができます。

また、足元だけでなく、手元の自由度も上がりますので、うっかり工具を落としたときや体制を崩したときに、とっさに受け身を取りやすくなるでしょう。

さらに、足場の上にいる職人だけでなく、足場の下にいる家の住人も、物や人の落下による事故から守られるようになります。

3.作業効率が上がる

足場を組んで、安全かつ安定した作業環境を作ることによって、職人の作業効率もアップします。

工具の持ち替えや施工箇所の切り替え、工事工程の移行がスムーズになり、無駄な時間が削られ、結果として、工事を予定通りに進めることができるでしょう。

●脚立のみの塗装は時間がかかる

脚立でも塗装が行えないことはなく、実際、平屋の外壁塗装などは、脚立だけで事足りることもあります。

しかし、脚立は作業中に左右へ移動できないという大きなデメリットがあります。

一か所の施工が終わるたびに、脚立を次の施工箇所に移動させなければならず、もし、ひとつ前の施工箇所に不備があったときは、また元の位置に脚立を戻すことになり、作業効率が非常に悪くなります。

このような不便な施工環境では、職人の業務怠慢を招きやすくなり、施工ミスや手抜き工事を誘発しかねません。

4.飛散防止ネットで現場周辺を守る

足場を組んだあとは、工事中に発生する粉塵や塗料などを、建物の周囲に飛散させないように、飛散防止ネット(メッシュシート)を足場の周りに張ります。

外壁塗装で欠かせない工程のひとつに、高圧洗浄作業があります。

高圧洗浄作業とは、外壁のまわりに付着した汚れや古い塗膜を、高圧洗浄機の強力な水圧で落として、塗料の密着性を高めて、施工品質を守るための作業です。

高圧洗浄作業では、どうしても、水しぶきが建物の周りに飛び散りますので、飛散防止ネットを足場の周りに張って、車や近隣の建物への飛散を防がなくてはなりません。

しかし、足場がなければ、飛散防止ネットを洗浄箇所ごとに用意しなければならず、作業効率が悪くなり、部分的に張られたネットの隙間から水しぶきが漏れやすくなってしまうでしょう。

 

2 足場を軽視する危険な業者の特徴

足場は塗装職人にとってなくてはならない設備です。

つまり、足場を軽視する業者は、安全性や施工品質を軽視する業者と言っても過言ではないでしょう。

1.安全対策の意識が低い業者

足場を設置することは、職人の安全を守り、さらに、施主に迷惑をかけないことにも繋がります。

足場、または足場に替わる安全対策を省く業者は、それらを軽視している無責任な業者に他なりません。

●足場を軽視する業者は保険もなおざり

万が一、足場からの転落や物の落下によって、作業員や住人、通行人がケガをしてしまったときは、工事業者が加入している各種工事保険の保険金から、通院費や慰謝料が下ります。

しかし、足場を軽視するような業者が、工事保険に加入しているとは考えにくいものです。

そもそも、工事保険にしっかり加入しているような優良業者は、足場の重要性も理解したうえで、保険を使用しなくて済むように、日頃から安全対策を心がけています。

●「無足場工法」の業者に任せても大丈夫?

鋼材を組み立てて作る枠組み足場を使わず、あえて「無足場工法」で施工を行う業者もいます。

「無足場工法」には、作業員の身体を安全帯(ハーネス)で支え、ロープで吊って施工する方法と、大型のブランコを屋上から吊るして、カゴの中に入った作業員が施工を行う方法の2種類があります。

前者は、足場を設置できないような狭い敷地などで行われ、後者は枠組み足場を設置すると強風で煽られる恐れのある高層マンションなどで行われる施工方法です。

いずれの工法も、落下防止ネットや作業員の命綱、警備員の配置などは設置しなければなりませんので、「無足場」だからと言って、安全対策が行われないわけではありません。

また、無足場工法は、通常の枠組み足場が使用できないような、やむを得ないケースで選ばれる方法です。

そのため、枠組み足場が設置できる現場にも関わらず、工事費用を安くして契約を取るために、無足場工法を勧めてくるような業者は、避けたほうがよいでしょう(丁寧な仕事をしてもらえない可能性もあるため)。

2.施工品質を二の次にする業者

足場がないと、足元や手元が不安定になり、塗りムラや塗り残しの原因となる可能性があります。

どんなに腕のよい職人でも、不安定な作業環境下では、実力を発揮することはできません。

それと同時に、塗料も、適切に施工されなければ、剥がれやムラが生じ、本来の効果を発揮することができなくなるでしょう。

優良業者は、きちんと然るべき足場を設置して、安全な作業スペースを確保することが、高品質な塗装に繋がることを理解しています。

■おわりに

外壁塗装工事で、当然のように設置される足場ですが、実は、現場の安全性や施工品質を司る、非常に重要な役割を担っています。

豊川市の皆様のお住いに関するお悩みや不安をお気軽にご相談ください!

豊川市の一般的なお家で外壁塗装ってどのくらい費用がかかるの?
外壁塗装の工期ってどのくらいがかかるの?
外壁塗装ってどのくらいの予算内で工事ができるの?
外壁塗装、塗り替えって必要なの?
塗り替えリフォームの時期はいつ?
豊川市では外壁塗装はどんな業者に任せたらいいの?
…こんな方は是非お越しください。

外壁塗装&屋根リフォームのご質問&ご相談は無料です!!
お気軽にご来場ください!どなたでもお越しいただけるお祭りです!

予約はこちらからもできます!⇒https://graffity-tosou.jp/showroom/

電話予約の方はコチラ!⇒053-401-1874

外壁塗装・屋根塗装・防水工事をお考えの方は豊川市のグラフィティーで、是非一度 ご相談ください(*^^*)

GRAFITYショールームのご案内

ショールームには体験キッドや実際に使われている材料など。
皆様が実際に見て触れて感じて頂けるものをご用意しております。

ご相談・お見積りはグラフィティーまで!

不安な点や、気になる事は今すぐ解消しましょう。

グラフィティーではご相談・現地調査・お見積り提出まで無料で承らせて頂きます。

GRAFITYの塗装ラインナップ☆彡

「外壁塗装・屋根塗装の価格を知っておきたい!」という方は、是非ご覧ください。

GRAFITYの施工事例♫

「外壁塗装・屋根塗装を依頼したいが、色のイメージが湧かない…」
そんな方には、カラーシュミレーションの前にこちらをご覧いただきたいです!

※今ならお見積り依頼キャンペーンで素敵なプレゼントがもらえるかも!?

静岡県浜松市の外壁塗装&屋根塗装専門店グラフィティー
浜松ショールーム

〒432-8068 静岡県浜松市西区太平台3丁目7-16

TEL:053-401-1874 

本社

〒442-0857 愛知県豊川市八幡町字足洗6
TEL:0533-95-3225

 

 

 

 

関連記事一覧

  1. 豊川 外壁塗装 屋根塗装
  2. 豊川 外壁 塗装
  3. 豊川 外壁塗装 屋根塗装
  4. 豊川 外壁塗装 屋根塗装
PAGE TOP