浜松 外壁 塗装

「外壁塗装は10年ごとにしたほうがいいって聞くけど、屋根塗装はどうなのかしら?」と思っている方や、「うちはまだ雨漏りしてないし、屋根塗装の必要はない」と思っている方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?

屋根塗装をせず放置した場合、雨水が内部に浸入して雨漏りを起こし、建物内部を傷めてしまいます。そのため、本来は屋根の塗装だけで済むはずが、屋根の劣化を放置したばっかりに屋根の重ね葺きや葺き替えをする必要が出てきて、結果として高額なリフォームになってしまうことがあります。

1.屋根の塗り替え目安年数は築10年!

外壁の場合は、「築10年目が塗り替えの目安」と言われていますが、屋根は実際どうなのでしょうか。結論から言いますと、屋根も外壁と同じで築10年目が塗装の目安とされています。しかし屋根の場合は外壁と比べ、風雨や紫外線に晒されることが特に多いため、注意が必要です。そうは言っても、屋根材にも様々な種類があります。実際に各屋根材における塗装目安年数はどのくらいなのでしょうか。

・スレート瓦

耐用年数:20〜25年、塗り替え目安:5〜10年毎

・セメント瓦

耐用年数:30〜40年、塗り替え目安:5〜10年毎

・日本瓦

耐用年数:50〜100年、塗り替え目安:必要なし

・金属屋根

耐用年数:30〜60年、塗り替え目安:5〜10年毎

上記のように、屋根材の種類それぞれ耐用年数はありますが、耐用年数前に塗装は必ず必要になります。よって、大切なお宅の防水性を保つためには、日本瓦以外の屋根材では築10年目で塗装するようにしましょう。

屋根は風雨や紫外線が一番当たり、家の中で最も過酷な場所です。そのため、外壁よりも早く傷んでしまいます。10~13年もつと言われている耐久性の良いシリコン塗料を塗ったとしても、8~10年しかもたないこともあります。そのため、2度目の塗り替えの際には前回に塗装した屋根塗料の耐久年数を考慮し、早めに塗替えを検討するとよいでしょう。

屋根材の塗膜が劣化し、防水効果が失われると雨水等が建物内部に浸入し、柱や梁を腐らせてしまいます。

「うちは雨漏りしてないからまだ大丈夫」

そう思っている場合でも、知らない内に屋根裏では雨漏りが進行し柱や梁に大きな雨染みができていた!なんてこともよくあります。

屋根は、過酷な環境のため外壁と比べ劣化が早いこと、また中々見えない場所のため知らない間に劣化が進行し、気づいた時には大きな損害につながることが非常に多いです。そのような事態を未然に防ぐためにも、定期的な点検や補修が必要になります。

2.屋根塗装をおこなうべき劣化のサイン

外壁は目が届く範囲の劣化はご自分で確認をすることができますが、屋根は高い位置のため中々見て確認することが難しい場所です。ではいち早く屋根材の劣化を見抜くには、どのような劣化のサインを見つければいいのかお伝えいたします。

2-1.「瓦の滑落」「棟板金の浮き、釘抜け」「漆喰の劣化・剥がれ」は今すぐ修繕が必要

瓦の滑落

瓦のひび割れを放置しておきますと、最終的に瓦は滑落してしまいます。また、台風などの暴風雨でも瓦がズレたり、飛んで落ちてしまうということがあります。

瓦が滑落すると、滑落した瓦の大きさによって瓦の下の防水材、防水材を止めている釘が丸見えになってしまいます。この状態で放置をすると、雨が降った際に雨水が釘穴をつたい、野地板に雨水が浸入し最終的に雨漏りの原因となります。野地板が腐ってしまいますと、屋根の葺き替えとなってしまうため、早急な対処が必要となります。

棟板金の浮き、釘抜け

スレート屋根や金属屋根の場合、屋根のてっぺんに棟板金というものがあります。釘抜けとは、棟板金が気温の影響により膨張・収縮を繰り返すことで棟板金を止めている釘を一緒に押し出し、最終的に抜けてしまうことを言います。これを放置しておくと、棟押さえのはずれや錆びの原因になり、さらにはいつの間にか下地材がむき出しになっていたというケースもありますので、こちらも早急にメンテナンスをおこなうことが好ましいです。

漆喰の劣化・剥がれ

日本瓦やセメント瓦では、瓦の固定・接着に漆喰を用います。この漆喰も風雨や紫外線に晒され続けているため、他の屋根材と同じように経年劣化が生じます。地上から目視した際に、ひびや剥がれを見つけた場合は危険です。瓦を固定している力が弱まっているため、ちょっとした風や地震で瓦がズレたり、最悪の場合は落下してしまう可能性もあります。また衝撃によって欠け・割れが生じ、そこから雨水が浸入して雨漏りに繋がることもありますので、漆喰の劣化を発見した際も早急なメンテナンスが必要と言えます。

2-2.「苔や藻・カビの発生」「瓦の反り・ひび割れ」は早めに検討!

苔や藻・カビの発生

屋根材の塗膜が劣化し防水性が低下すると、雨水や湿気により苔が発生します。 早急に屋根塗装をする必要はありませんが、そのまま放置してしまいますと、屋根そのものの耐久性も悪化させてしまい、結果として雨漏りの原因となりますので、メンテナンスが必要です。

瓦の反り・ひび割れ

瓦の反り

スレート瓦の防水性が劣化し始めると、苔の発生では収まらず「反り」や「割れ」が発生します。例えば、瓦が水を含んだまま凍ったり、夕立後の晴れ間に強い日差しで急激に乾燥したり、など防水性が切れたことにより湿気と乾燥を繰り返し、瓦の反りにつながります。

ひび割れ

そのまま放置をしてしまうとまつ毛のように反り上がり、台風などの横殴りの雨が降った際に、反り上がった小口から内部に雨水が浸入し雨漏りの原因となりますので、早期にメンテナンスをおこなうことをオススメします。

2-3.「屋根材の色あせ」はまだ大丈夫です!

屋根材の色あせ

屋根材の色あせは、塗膜の劣化が始まった証拠です。今すぐに屋根塗装をおこなう必要はありませんが、そのまま放置しておくと知らない間に劣化があっという間に進行していた!なんてこともありますので、専門家に相談するようにしましょう。

2-4.自分で屋根の状況を確認するには

屋根塗装をおこなうべき劣化状況を、緊急度が高い順にご紹介しましたが、「いや、屋根の状況なんて見えないしわからない!」と思う方も非常に多いのではないでしょうか。そのような場合には、以下の方法でお家の屋根を観察してみましょう。

①下屋根の状態を観察しましょう!

下屋根とは、2階の窓から確認することができる、1階部分の屋根のことです。下屋根で劣化が確認できる場合、2階部分の屋根でも同様の劣化が起きている可能性が非常に高いです。

②家の外から、双眼鏡を使って屋根を観察しましょう!

ご自宅の前の道路からや、ご自宅の屋根を観察することができる場所から、屋根の観察をしてみましょう。小さな劣化状況を確認することは難しいですが、少しでも「ん?」と疑問に思うようなものを見つけた場合は、それ以上の劣化が起きている可能性があります。

外壁は目が届く範囲の劣化はご自分で確認をすることができますが、屋根は実際に見て確認することが難しい場所です。
上記の劣化状況を発見したり、少しでも気になる点がある場合には、無理に屋根に登ってご自身で確認するのではなく、業者に屋根の劣化状況を診断してもらうようにしましょう。

3.屋根塗装が必要ない屋根材は?

屋根塗装が必要ない屋根材と言えば、ズバリ日本瓦です。
日本瓦は非常に耐久性に優れており、耐用年数も50~100年と長いため、メンテナンスフリーの屋根材となります。
しかし、メンテナンスフリーと言われる日本瓦でも、

・漆喰部分の劣化
・台風や地震などによる瓦の割れ・滑落
などによって、漆喰部分の補修や瓦ズレの補修、瓦の交換が必要となります。
そのため、「日本瓦だからチェックしなくて大丈夫」と安心するのではなく、外壁の塗り替えを検討している際などに、専門家に屋根の状況を診断してもらいましょう。

まとめ

屋根塗装をおこなう時期は、屋根に使用している屋根材によりますが、基本は築10年目での塗装がベストと言えます。メンテナンスフリーの屋根材であっても、「知らない内に雨漏りしていた」なんてこともありますので、屋根に少しでも気になる症状が出た際には、放置せずに屋根塗装・メンテナンスが必要かを専門業者に劣化診断してもらうとよいでしょ

豊川市の皆様のお住いに関するお悩みや不安をお気軽にご相談ください!

豊川市の一般的なお家で外壁塗装ってどのくらい費用がかかるの?
外壁塗装の工期ってどのくらいがかかるの?
外壁塗装ってどのくらいの予算内で工事ができるの?
外壁塗装、塗り替えって必要なの?
塗り替えリフォームの時期はいつ?
豊川市では外壁塗装はどんな業者に任せたらいいの?
…こんな方は是非お越しください。

外壁塗装&屋根リフォームのご質問&ご相談は無料です!!
お気軽にご来場ください!どなたでもお越しいただけるお祭りです!

予約はこちらからもできます!⇒https://graffity-tosou.jp/showroom/

電話予約の方はコチラ!⇒053-401-1874

外壁塗装・屋根塗装・防水工事をお考えの方は豊川市のグラフィティーで、是非一度 ご相談ください(*^^*)

GRAFITYショールームのご案内

ショールームには体験キッドや実際に使われている材料など。
皆様が実際に見て触れて感じて頂けるものをご用意しております。

ご相談・お見積りはグラフィティーまで!

不安な点や、気になる事は今すぐ解消しましょう。

グラフィティーではご相談・現地調査・お見積り提出まで無料で承らせて頂きます。

GRAFITYの塗装ラインナップ☆彡

「外壁塗装・屋根塗装の価格を知っておきたい!」という方は、是非ご覧ください。

GRAFITYの施工事例♫

「外壁塗装・屋根塗装を依頼したいが、色のイメージが湧かない…」
そんな方には、カラーシュミレーションの前にこちらをご覧いただきたいです!

※今ならお見積り依頼キャンペーンで素敵なプレゼントがもらえるかも!?

静岡県浜松市の外壁塗装&屋根塗装専門店グラフィティー
浜松ショールーム

〒432-8068 静岡県浜松市西区太平台3丁目7-16

TEL:053-401-1874 

本社

〒442-0857 愛知県豊川市八幡町字足洗6
TEL:0533-95-3225