1.屋根塗装の剥がれとは?

屋根塗装の剥がれとは屋根の表面の塗膜(塗料の膜)が剥がれている状態のことです。屋根材には、塗装が必要なものと必要ないものが存在します。塗装をしていない屋根材には“剥がれ”が発生することはありません。

①塗装の剥がれが発生する屋根材&発生しない屋根材

現在、戸建てに多く使用されている屋根材には塗装の剥がれが発生するものと発生しないものがあります。その違いは「塗装をしているかどうか」です。塗装をしている屋根は剥がれが発生します。初めから、塗装する必要のない粘土瓦などは塗装の剥がれが起きることはありません。

<塗装の剥がれが発生する屋根材>

・ストレート瓦

・アスファルトシングル(※代表的なデザイン)

・セメント瓦

・モニエル瓦

・金属屋根(ガルバリウム鋼板)

・金属屋根(トタン)

<塗装の剥がれが発生しない屋根材>

・粘土瓦

2.屋根塗装が剥がれる原因

屋根塗装の剥がれにはいくつかの原因があると言われています。塗装しておよそ5~10年以上経過している場合は「経年劣化」の可能性が高いでしょう。目安として、塗装後数年(およそ1~2年以内)の場合、「施工不良」の可能性があります。

2-1.経年劣化での剥がれ

一般的な塗料の寿命は約8~10年と言われ、その期間を越えると経年劣化が剥がれにつながったといえるでしょう。経年劣化は太陽光や雨水の影響により発生します。※塗料の寿命は、塗料の種類によって、大きく違いがあります。
日々、太陽光や紫外線にさらされている屋根は時間をかけて劣化します。その劣化症状の一つとして、剥がれが起きる場合があります。早々に剥がれが発生するわけではなく、チョーキングやひび割れ、ふくれなどの劣化症状が剥がれにつながるため、劣化症状のサインの一つといえるでしょう。お住まいの地域の気候によって劣化速度は異なり、凍害や塩害地域では塗装して数年後に剥がれが発生するといった事例もあります。

塗料によっては剥がれが早めに起こることも!

塗装をされた屋根材は、時間が経つにつれて劣化し、剥がれを発生させる可能性があります。塗装の剥がれは使用する塗料によって、発生する時期が異なります。これは、塗料の耐久年数がそれぞれ異なり、耐久年数が短いほど、早く剥がれが起きる傾向にあります。塗装の剥がれだけではなく、膨れやひび割れなどの劣化症状も、耐久年数が短い塗料が比較的早く発生する可能性があります。適正な施工の場合、塗料の耐久年数も剥がれが起きる時期の目安になるでしょう。

塗料 耐久年数
シリコン 約5~7年
フッ素 約7~10年
無機 約10~15年

製品や周辺環境によって耐久年数は異なりますので、製品情報なども参考にされてください。

2-2.塗装してすぐに剥がれた場合は施工不良の可能性も

「屋根塗装をしてすぐ塗装が剥がれてしまった」という場合は施工不良の可能性があります。目安時期としては、数年(およそ1~2年以内)です。※あくまで目安時期のため、すべてのお住まいで当てはまるわけではありません。

屋根塗装の施工不良は、以下の理由が考えられます。

・下地面の強度不足

粘土瓦など塗装に向かない屋根材に塗装した場合や下地の屋根材に劣化があった場合に剥がれが起きることがあります。

・塗装前の準備(ケレン・洗浄)不足

塗装する前にケレン(下地処理)や高圧洗浄での掃除を十分に行えていなかった場合、取り切れなかった過去の塗料の劣化により上から塗った塗料が剥がれを起こすことがあります。

・塗料の選定ミス

屋根塗装では「下塗り、中塗り、上塗り」と3回塗装を行います。その際、下塗り塗料と、中塗り・上塗りの塗料は違うものを使用します。(中塗り・上塗りは同じ塗料を使用します)このとき、塗料同士の相性が大切で、相性の悪い塗料を使用すると塗装の剥がれにつながります。

・塗装時のミス

塗装時に、下塗り後、中塗り、上塗りと塗料を塗り重ねるためには、前に塗った塗料を乾いた状態にする必要があります。塗料が乾いていない状態でさらに塗装をすると塗装の剥がれが起きる場合があります。

その他、屋根塗装の剥がれは
・塗装する塗料の規定の塗布量を守っていない
・塗る予定ではない部分まで塗ってしまった
・下塗りを塗り忘れている
など、様々な塗装時のミスから起こる可能性があります。

3.屋根塗装の剥がれは補修が必要?

3-1.屋根塗装の剥がれは放置せずに補修しましょう

屋根塗装が剥がれてしまった場合、その剥がれは日々進んでいます。そのため、剥がれは補修が必要です。屋根塗装の剥がれを放置していた場合、塗装が剥がれた部分では、雨や風、太陽光など外部の影響を直接に受けます。したがって、屋根材の劣化を起こし、更にお家の内部に雨水が浸入した場合、雨漏りなどを引き起こします。

剥がれはすぐに雨漏りを発生させる訳ではありませんが、時間をかけて屋根内部まで劣化していきます。剥がれは着実に劣化が進んでいる証拠です。そのため、できるだけ早めの補修をおすすめします。

3-2.施工不良が疑われる場合|塗装した業者へ連絡しましょう

塗装後数年(1~2年以内)で剥がれが発生した場合は、施工不良の可能性があります。施工不良が疑われる場合は、早急に施工した業者に連絡し、補修をしてもらうことをおすすめします。施工不良が原因の場合、補修が発生しても基本的に無料で対応してもらえます。しかし、塗装してから数年経つと、施工不良なのか経年劣化か区別がつかなくなってしまうことがあります。そのように、業者が経年劣化と判断できない場合は、補修に費用がかかることがありますので施工不良が疑われる場合は早急に業者への連絡、相談をしましょう。

保証期間内であれば、施工不良と断定できなくても、補修をしてくれる場合があります。(保証期間は契約によって異なります)屋根塗装の保証については以下の記事を参考にされてください

豊川市の皆様のお住いに関するお悩みや不安をお気軽にご相談ください!

豊川市の一般的なお家で外壁塗装ってどのくらい費用がかかるの?
外壁塗装の工期ってどのくらいがかかるの?
外壁塗装ってどのくらいの予算内で工事ができるの?
外壁塗装、塗り替えって必要なの?
塗り替えリフォームの時期はいつ?
豊川市では外壁塗装はどんな業者に任せたらいいの?
…こんな方は是非お越しください。

外壁塗装&屋根リフォームのご質問&ご相談は無料です!!
お気軽にご来場ください!どなたでもお越しいただけるお祭りです!

予約はこちらからもできます!⇒https://graffity-tosou.jp/showroom/

電話予約の方はコチラ!⇒053-401-1874

外壁塗装・屋根塗装・防水工事をお考えの方は豊川市のグラフィティーで、是非一度 ご相談ください(*^^*)

GRAFITYショールームのご案内

ショールームには体験キッドや実際に使われている材料など。
皆様が実際に見て触れて感じて頂けるものをご用意しております。

ご相談・お見積りはグラフィティーまで!

不安な点や、気になる事は今すぐ解消しましょう。

グラフィティーではご相談・現地調査・お見積り提出まで無料で承らせて頂きます。

GRAFITYの塗装ラインナップ☆彡

「外壁塗装・屋根塗装の価格を知っておきたい!」という方は、是非ご覧ください。

GRAFITYの施工事例♫

「外壁塗装・屋根塗装を依頼したいが、色のイメージが湧かない…」
そんな方には、カラーシュミレーションの前にこちらをご覧いただきたいです!

※今ならお見積り依頼キャンペーンで素敵なプレゼントがもらえるかも!?

静岡県浜松市の外壁塗装&屋根塗装専門店グラフィティー
浜松ショールーム

〒432-8068 静岡県浜松市西区太平台3丁目7-16

TEL:053-401-1874 

本社

〒442-0857 愛知県豊川市八幡町字足洗6
TEL:0533-95-3225