BLOG

屋根塗装の屋根材の種類について 豊川市の外壁塗装・屋根塗装専門店のグラフィティー

おはようございます!

豊川市の外壁塗装・屋根塗装専門店のグラフィティーです。

今回は、屋根塗装の屋根材の種類についてお話しさせていただきます。

♦︎8種類ある屋根材について

豊川 屋根 塗装

「どの種類の屋根材が自分に合っているか知りたい」「屋根材の種類ごとの耐用年数を知りたい」こういった考えをもつ方は多いでしょう。この記事では、屋根材の選び方と、各素材の特徴などを紹介します。

1 屋根材の種類選びで重要な3つのポイント

屋根材の選び方には主に3つのポイントがあります。

価格

屋根材によって工事価格は2倍近く変わります。
安い費用で工事できる屋根材には「スレート」や「トタン」「ガルバリウム鋼板」があります
トタンは耐用年数が短すぎる難点があるため、価格を重視する人は「スレート」か「ガルバリウム鋼板」を選ぶとよいでしょう。

デザイン

デザインは屋根材によって大きく異なります。
特にデザイン性が高いと言われているのは、「粘土瓦」や「アスファルトシングル」です。
特に、粘土瓦は日本家屋に格式高い印象を与えられるためおすすめです。

耐用年数

耐用年数とは、屋根材を交換する時期の目安です。
屋根材のメンテナンス頻度を下げたい場合は「粘土瓦」や「銅板」が望ましいです。
粘土瓦と銅板はいずれも50年以上の耐用年数があり、他の素材よりも耐久性が高いです。
銅板は寺のような特殊建築で使うことが多い素材なので、一般住宅なら粘土瓦が向いているでしょう。

2 8種類の屋根材を徹底比較!

屋根には主に8種類の素材があります。

粘土瓦

粘土瓦とは、粘土を焼いて作る瓦素材です。
「陶器瓦」や「いぶし瓦」などとも呼ばれます。
メリットは6つあります。
1.耐用年数が長い
2.デザイン性が高い
3.断熱性が高い
4.防音性が高い
5.結露しにくい
6.塗装が不要
デメリットは以下の2つです。
1.工事費用が高い
2.重いため耐震性が低下する
耐用年数は50年以上あります。
粘土瓦は、工事費用が高くても構わないから屋根の耐久性を高めたい方に向いています。

セメント・コンクリート瓦

セメント・コンクリート瓦とは、セメントやコンクリートを材料にして作る瓦素材です。
「モニエル瓦」とも呼びます。
デメリットが多いため近年では利用する住宅が減っています。
メリットは3つあります。
1.粘土瓦より安い価格で瓦のデザインを取り入れられる
2.断熱性が高い
3.防音性が高い
デメリットは以下の4つです。
1.粘土瓦よりも耐用年数が短い
2.重いため耐震性が低下する
3.塗装が必要
4.現在ではほとんど生産されていない
耐用年数は30年程度です。
セメント・コンクリート瓦は、粘土瓦のメリットと価格の安さをバランスよく取り入れる場合に適しています。

化粧スレート

化粧スレートとは、セメントなどを材料として作る板状の屋根材です。
「人工スレート」や「コロニアル」「カラーベスト」とも呼ばれます。
日本の住宅では特に人気がある屋根材です。
メリットは3つあります。
1.工事価格が安い
2.瓦よりも軽くて耐震性が高い
3.工事できる業者が多い
デメリットは以下の3つです。
1.割れやすい
2.塗装が必要
3.2004年以前の商品はアスベストを含むおそれがある
耐用年数は20〜25年程度です。
化粧スレートは、耐用年数と価格のコストパフォーマンスに優れた屋根材を使いたい方に向いています。

天然スレート

天然スレートとは、岩石を材料とした薄い板状の屋根材です。
メリットは、化粧スレートに比べると天然石にしかない美しさがあることです。
デメリットは、化粧スレートに比べると価格が高いことと、重いために耐震性が低下する点です。
耐用年数は20年以上です。基本的に化粧スレートよりも耐用年数は長いです。
天然スレートは、化粧スレートよりもデザイン性が高いスレート屋根にしたい場合に適しています。

トタン

トタンとは、亜鉛でメッキ加工した薄い鉄板素材です。
デメリットが多いため、近年では使用する住宅が減っています。
メリットは、2つあります。
1.工事価格が安い
2.軽量で耐震性が高い
デメリットは、5つあります。
1.耐用年数が非常に短い
2.錆びやすい
3.断熱性が低い
4.防音性が低い
5.塗装が必要
耐用年数は10〜20年で屋根材としては最も短いです。
トタンは、10年程度で屋根材を交換してもいいから工事価格をとにかく安くしたい方に適しています。

ガルバリウム鋼板

ガルバリウム鋼板とは、アルミニウムと亜鉛、シリコンによってメッキ加工された鋼板素材です。
コストパフォーマンスに優れているため、金属の屋根材では最も人気があります。
メリットは、以下の5つです。
1.軽量で耐震性が高い
2.金属素材としては錆びにくい
3.防水性が高い
4.安価で工事ができる「カバー工法」に最適
5.複雑な形状の屋根にも対応できる
※カバー工法とは、現在の屋根に新しい屋根材を重ねて施工する安価な工事方法です
デメリットは、以下の3つです。
1.キズが付きやすい
2.防音性が低い
3.塗装が必要
耐用年数は30年程度です。
ガルバリウム鋼板は、カバー工法で安く屋根工事をしたい人や、雨漏り対策を重視したい場合に適しています。

銅板

銅板屋根とは、銅製の板を屋根に張り付けたものです。
寺などの特殊建築で主に利用します。
屋根材のなかで耐用年数が最も長いです。
メリットは、以下の4つです。
1.耐用年数が最も長い
2.錆びても耐用年数が短くならない
3.塗装が不要
4.軽量で耐震性が高い
デメリットは、2つあります。
1.価格が最も高い
2.工事ができる業者が非常に少ない
耐用年数は60年以上です。
銅は、大仏や自由の女神にも使われている素材で、耐用年数が100年を超えるものも珍しくありません。
銅板は、屋根の耐用年数を長くするためであれば、業者を探す手間と高額な費用を惜しまない、という方に適していると言えます。

アスファルトシングル

アスファルトシングルとは、ガラス繊維にアスファルトを染み込ませ、表面に石を吹き付けたシート状の屋根材です。
メリットは、以下の5つです。
1.軽量で耐震性が高い
2.錆びない
3.割れない
4.デザイン性が高い
5.複雑な形状の屋根にも対応できる
デメリットは、以下の4つです。
1.風で吹き飛びやすい
2.表面の石が落ちやすい
3.カビやコケが生えやすい
4.工事ができる業者が少ない
耐用年数は20〜30年程度です。
アスファルトシングルは、屋根のデザイン性を高めたい方に適しています。

豊川市の皆様のお住いに関するお悩みや不安をお気軽にご相談ください!

豊川市の一般的なお家で外壁塗装ってどのくらい費用がかかるの?
外壁塗装の工期ってどのくらいがかかるの?
外壁塗装ってどのくらいの予算内で工事ができるの?
外壁塗装、塗り替えって必要なの?
塗り替えリフォームの時期はいつ?
豊川市では外壁塗装はどんな業者に任せたらいいの?
…こんな方は是非お越しください。

外壁塗装&屋根リフォームのご質問&ご相談は無料です!!
お気軽にご来場ください!どなたでもお越しいただけるお祭りです!

予約はこちらからもできます!⇒https://graffity-tosou.jp/showroom/

電話予約の方はコチラ!⇒053-401-1874

外壁塗装・屋根塗装・防水工事をお考えの方は豊川市のグラフィティーで、是非一度 ご相談ください(*^^*)

GRAFITYショールームのご案内

ショールームには体験キッドや実際に使われている材料など。
皆様が実際に見て触れて感じて頂けるものをご用意しております。

ご相談・お見積りはグラフィティーまで!

不安な点や、気になる事は今すぐ解消しましょう。

グラフィティーではご相談・現地調査・お見積り提出まで無料で承らせて頂きます。

GRAFITYの塗装ラインナップ☆彡

「外壁塗装・屋根塗装の価格を知っておきたい!」という方は、是非ご覧ください。

GRAFITYの施工事例♫

「外壁塗装・屋根塗装を依頼したいが、色のイメージが湧かない…」
そんな方には、カラーシュミレーションの前にこちらをご覧いただきたいです!

※今ならお見積り依頼キャンペーンで素敵なプレゼントがもらえるかも!?

静岡県浜松市の外壁塗装&屋根塗装専門店グラフィティー
浜松ショールーム

〒432-8068 静岡県浜松市西区太平台3丁目7-16

TEL:053-401-1874 

本社

〒442-0857 愛知県豊川市八幡町字足洗6
TEL:0533-95-3225

 

 

 

 

 

 

 

関連記事一覧

  1. 豊川 外壁 塗装
  2. 豊川 外壁塗装 屋根塗装
  3. 豊川 外壁 塗装
  4. 豊川 外壁塗装 屋根塗装
PAGE TOP