BLOG

屋根塗装の縁切りについて 豊川市の外壁塗装・屋根塗装専門店のグラフィティー

おはようございます!

豊川市の外壁塗装・屋根塗装専門店のグラフィティーです。

今回は、屋根塗装の縁切りについてお話しさせて頂きます。

屋根塗装には「縁切り」という工程や注意点、トラブルの原因などについてご紹介していきます。

コロニアルの屋根で「縁切り」は屋根の耐久性や雨漏りなど様々な事に影響してくる大事な工程ですので、屋根塗装をする前に「縁切り」について知っておく事はとても大事な事です。

一般の方には中々、馴染みのない単語ですが、縁切りを何のためにするのか?どのようにするのか?行われなかった時のリスクなど丁寧に書いていきたいと思います。

①屋根材の隙間が雨水の排水の要です。

まず知っていただきたいのは、屋根材というのは、どんな屋根にしても一枚、一枚が重なり合い一つの屋根になっています。

そして、その一枚、一枚の重なりの部分の隙間から屋根内部に侵入した雨水を排水するというすごく大事な役割をしています。

しかし、屋根塗装をする際に、その隙間を気にせず屋根塗装をしてしまうと先ほど申した雨水が正しく排水されず、内部に雨水が溜まってしまいます。

そうなると屋根の外側にあった雨水もドンドン引き寄せられたり、内部に侵入した雨水が棟の方まで上ってきて毛細管現状というものを引き起こします。

その他にもリスクはあります。コロニアルを例で例えます。コロニアルは基本釘で止まっているのですが、内部に雨水が侵入すると、水は釘など少し凹んだ部分に集まる習性があるためこの釘に水が集中し徐々に腐り雨漏りをしたり、下地のコンパネを傷めてしまう事があります。

傷んでいるとほとんどの場合その下の断熱材までが雨漏りでボロボロになっています。

そのために屋根塗装をする際に、「縁切り」という工程をしなければなりません。

屋根はどこから雨水が侵入して、どこから排水される。だからここに「縁切り」をしておかなくてはいけない。

など根本的な理由や雨水の排水される経路を知らずに屋根塗装をしてる方が本当に多いです。

②「縁切り」のタイミング

一昔の「縁切り」というのは、屋根塗装が終わった後に十分乾燥させてから厚みのある塗料に、カッターなどを使用して手作業で切り込みを入れて雨水の排水経路を確保していました。

十分に乾燥させるというのは、夏場の暑い時期は特にですが、完全に乾燥していない状態で「縁切り」しても暑さや乾燥していない塗料が再びくっついてしますから十分な乾燥時間が必要という理由です。

③「縁切り」に便利な「タスペーサー」

縁切りの工程では、カッターナイフや皮スキという道具で、隙間を一つ一つ隙間を作って作業していきます。そのため屋根の大きさにもよりますが、2人で丸一日かけたりしながら縁切りをしていきます。

そのように非常に手間暇がかかるうえに、仕上げた塗装面を切るわけですから、汚い靴で上る事もできませんし、汚くなくても、仕上がりの屋根に登って歩いていると傷をつけてしまいます。

その難点を解消したのが、「タスペーサー」という縁切り材です。

●タスペーサーで縁切りをする際は、縁切りをするタイミングが少し違ってきます。

タスペーサーで縁切りをする際は、高圧洗浄で屋根を綺麗にして、下塗りを下地作りのために必要な回数を入れてから完全に乾燥させ、タスペーサーを入れて、中塗り→上塗りと工程を進めてまいります。

この様に、タスペーサーを使うと仕上がった屋根にのぼる必要もなく縁切りが出来ますので、タスペーサーが使える
屋根は全てこの縁切り材料を使って縁切りをすることをおすすめいたします。

 

●タスペーサーが使用できない屋根材もあります。

コロニアルなどでよくあるのですが、経年劣化で屋根材の隙間が4~5mm以上開いているとタスペーサーを入れても
抜け落ちてくるので、入れる事はできません。そもそもそこまで隙間が空いている屋根というのは、屋根材自体が寿命を迎えている可能性が高いので、塗装ではなく、カバー工法などをおすすめしています。

④「縁切り」をしていないための様々なトラブル

冒頭でも申しておりますが、縁切りというのは屋根材の一枚一枚の重なりから正しく雨水を排水するための大事な工程になります。

屋根に水がたまった状態が続くと色々なトラブルが発生します。

1.通気性が失われる

縁切りをしない事で、雨水が溜まりっぱなしになると同時に結露からも雨漏りを起こします。そして木材自体も湿気が溜まったことが原因で腐ったりと、腐食が加速していきます。

せっかく綺麗にしようと考えて始めた屋根塗装が結果的に屋根を腐食させたり、雨漏りを引き起こす原因になっては、何のための屋根塗装か意味が分からなくなります。縁切りというのは屋根塗装をする上で非常に大事な工程になるという事をしっかりと覚えておく必要があるのではないかと思います。

2.屋根の下地のコンパネなどを傷めてしまう。

正しく「縁切り」をしないと雨水が溜まり、その水が屋根材を止めてある釘に集中して釘が腐っていきます。

そしてその腐った釘がやせ細り、下地のコンパネなどを腐らせてしまう原因となります。そのような屋根に登ると表現が難しいのですが、屋根の上を歩いているとフワフワ感があります。その場合は、コンパネなどの更に下の断熱材まで傷んでしまっている可能性が非常に高いため、屋根塗装はあまりおすすめしません。

なぜなら、下地が腐っているから表面の屋根材を塗装した所で根本的な解決にはなっていないからです。

その場合は屋根の葺き替えという工事になってしまいます。

3.屋根材も傷んでいきます。

屋根材というのは、紫外線のあたる表面などはコーティングしてあったり、塗装してあったりと何かしらの保護はしてあるのですが、裏面は剥き出しの場合が多いです。そして、雨水がその裏面にたまると、勿論、屋根材自体も傷んでしまい、屋根材の寿命を加速させる結果となってしまいます。

この様に様々なトラブルがあり、縁切りを必要としている屋根を塗装する場合に縁切りをしない理由はありません。

豊川市の皆様のお住いに関するお悩みや不安をお気軽にご相談ください!

豊川市の一般的なお家で外壁塗装ってどのくらい費用がかかるの?
外壁塗装の工期ってどのくらいがかかるの?
外壁塗装ってどのくらいの予算内で工事ができるの?
外壁塗装、塗り替えって必要なの?
塗り替えリフォームの時期はいつ?
豊川市では外壁塗装はどんな業者に任せたらいいの?
…こんな方は是非お越しください。

外壁塗装&屋根リフォームのご質問&ご相談は無料です!!
お気軽にご来場ください!どなたでもお越しいただけるお祭りです!

予約はこちらからもできます!⇒https://graffity-tosou.jp/showroom/

電話予約の方はコチラ!⇒053-401-1874

外壁塗装・屋根塗装・防水工事をお考えの方は豊川市のグラフィティーで、是非一度 ご相談ください(*^^*)

GRAFITYショールームのご案内

ショールームには体験キッドや実際に使われている材料など。
皆様が実際に見て触れて感じて頂けるものをご用意しております。

ご相談・お見積りはグラフィティーまで!

不安な点や、気になる事は今すぐ解消しましょう。

グラフィティーではご相談・現地調査・お見積り提出まで無料で承らせて頂きます。

GRAFITYの塗装ラインナップ☆彡

「外壁塗装・屋根塗装の価格を知っておきたい!」という方は、是非ご覧ください。

GRAFITYの施工事例♫

「外壁塗装・屋根塗装を依頼したいが、色のイメージが湧かない…」
そんな方には、カラーシュミレーションの前にこちらをご覧いただきたいです!

※今ならお見積り依頼キャンペーンで素敵なプレゼントがもらえるかも!?

静岡県浜松市の外壁塗装&屋根塗装専門店グラフィティー
浜松ショールーム

〒432-8068 静岡県浜松市西区太平台3丁目7-16

TEL:053-401-1874 

本社

〒442-0857 愛知県豊川市八幡町字足洗6
TEL:0533-95-3225

 

 

関連記事一覧

  1. 豊川 外壁塗装 屋根塗装
  2. 豊川 外壁塗装 屋根塗装
PAGE TOP