BLOG

水切りの役割について 豊川市の外壁塗装・屋根塗装専門店のグラフィティー

こんにちわ!

豊川市の外壁塗装・屋根塗装専門店のグラフィティーです。

今回は、水切りの役割についてお話しさせて頂きます。

 

水切りってどんな役割で無いとどうなの?塗装はした方が良いの?

今回は家の外壁周りにある水切り部分の役割や必要性についてお話して行きたいと思います。

水切りはどんな箇所に設置されているのでしょう?

こちらの写真の外壁と基礎部分の間にあるしきりの所が水切りです。建物の外側の窓枠下などにも水切りは施工されています。ではこの水切りとは何のために取り付けられているのでしょうか?

水切りの役割は雨水等が窓枠の下面をつたって壁面を汚さない為、さらに室内への水の侵入を防ぐ為に設置されている物です。また建物の土台と基礎の間には隙間があります。この部分にも水切りが設置されています。

雨水などが土台に侵入すると土台や基礎が腐ってしまう事もあります。品確法では、外壁の下端に水切りを設置する様に定められています。

水切りが設置されていない場合もあります

中には水切りの付いてない物もありますが大丈夫なの?と不安になる方もいるかも知れませんが、要は外壁をつたって土台に水が流れ込まない構造になっていれば良いんです。

しかし水切りが無いと通常の雨だと大丈夫でも横殴りの雨の場合等土台に水が侵入してしまう危険性はあります。そういった事を考えると水切りがある方が安心ですね。

一度土台に雨水などが入り込むと、吸収した水は抜けにくい為水切りが重要になります。直接土台に水が流れないようにしてくれています。

次に水切りの塗装についてです。水切りは土台に水がはいるのを防ぐ重要な物ですがやはり経年劣化はしてきます。水切りの塗装によるメンテナンスは必要と言えるでしょう。それだけ重要な水切りなのでカケがあったり色が剥げてきたり経年劣化が見られればやはりキッチリと塗装によるメンテナンスを行っておく事をお勧めしています。

水切りの重要性

水切りがないと水が土台に侵入し内部を腐食させシロアリなどを発生させてしまう危険性があります。建物の土台部分は白アリによる浸食や腐食する危険性が非常に高い部分だとされています。

建物にとって土台はとても大切な部分です。建物の寿命を左右する要素でもあります。水切りは単に建物の上部から流れてくる雨水を受けて直接土台に流れない様にしているだけではなく、土台や基礎への水の侵入を防ぎ建物自体の耐久性を維持する為に重要な役割をしてくれているのです。

水切りの塗装はした方が良いのか?

結論から申し上げると、水切りの塗装はした方が良いでしょう。
しかし水切りの材質によっては塗装の有無の意見が分かれるところでもあるので、必ずしも塗装をした方が良い!とも言いきれないのも事実です。

例えば材質がアルミの場合は塗装をしてもすぐに剝がれてしまうことから、塗装をおすすめしていない業者さんもあります。他にはスチール製や鉄製の場合は塗装をすることで錆止めや水切り自体の強化に繋がるので塗装をした方が良いでしょう。

前途でもご紹介した通り、水切りは外壁と基礎の間に取付けられていることから、基礎に雨水が流れないように堤防のような役割があります。
水切りの劣化がお住まいの基礎を傷めてしまうことに直結しますので、正しいメンテナンス方法でお住まいの寿命を延ばしてあげることが大切ですね。

水切りの塗装のタイミングは?

水切りを含めた外壁以外の名称のことをまとめて付帯部分と言います。
この付帯塗装(水切り塗装を含む)のタイミングは、外壁塗装や屋根塗装と同時にされることをおすすめします。

水切りの塗装と同時施工がおすすめの理由

・外壁や屋根だけ塗装を行うと、付帯部分の色褪せが却って目立ってしまう
・付帯部分も一緒に塗装を行うことで、足場代の節約になる
・付帯部分の劣化を放置すると、最悪交換になる場合もあるから

塗装工事は高所作業を伴う為、足場仮設工事が必要なのですが足場代だけでも一般戸建て住宅で約15~25万円かかります。付帯部分、外壁、屋根まとめて塗装を行うことで1回の足場代だけで済み、その分節約にもなりますね

 

 

関連記事一覧

  1. 豊川 外壁塗装 屋根塗装
PAGE TOP