BLOG

水性塗料について 豊川市の外壁塗装・屋根塗装専門店のグラフィティー

こんにちわ!

豊川市の外壁塗装・屋根塗装専門店のグラフィティーです。

今回は、水性塗料についてお話しさせて頂きます。

♦︎水性塗料の基本を解説!

豊川 外壁塗装 屋根塗装

塗料には主に水性と油性の二種類がありますが、それらの違いは何でしょうか。今回の記事では水性塗料の特徴やメリット・デメリットのほか、油性塗料との比較や水性塗料に適した使い方などについてもお伝えしていきます。

水性塗料に興味があり、使ってみたいと思っている方は、ぜひご一読ください!また油性塗料との違いを知りたい方にもおすすめです。

1 そもそも「水性塗料」って何?

塗料には水性と油性の2種類に分類することができますが、そもそも「水性塗料」とはどのようなものなのでしょうか。

ここではまず、水性塗料の特徴についてご紹介します。

水で薄めて使用する「優しい」塗料

水性塗料とは水で薄めて(希釈)して使う塗料の総称です。主成分が水なので環境に優しく、塗装の準備や扱いが簡単で塗りやすいため、DIYでも使用しやすい塗料となっています。

一方油性塗料はシンナーで希釈します。油性塗料のほか、溶剤系塗料と呼ばれることもある塗料です。使用するのに手間がかかるので、水性塗料よりも難易度は高めです。

塗料は溶剤が多く配合されているほど強い塗膜ができます。強い塗膜は耐久性に優れていますが、そのような塗料にはシンナーなどの刺激の強い溶剤が配合されているのが短所とされていました。

その問題を払拭したのが水性塗料です。水性塗料はシンナーなどが配合されていない分、塗膜が弱いとされていましたが、最近の研究や技術の進歩により、油性塗料に引けをとらない強さをもつ水性塗料も販売されるようになりました

人や環境に優しく、塗膜の強い水性塗料は、環境問題に注力する現在の社会では理想の塗料といえるでしょう。

水性塗料は水に溶ける?

「水性」という言葉から、水性塗料は水に溶けてしまうとうイメージがありますが、水性塗料が完全に乾燥すれば水に溶けることはありません

水性塗料は水溶性なので、水分が存在する間は水に溶けることがあります。しかし水性塗料に含まれる水分は、乾燥する過程で揮発し、完全に乾いた時点で水溶性ではなくなるのです。塗料は乾燥すると「塗膜」と呼ばれる保護膜ができますが、塗膜が硬化すれば流れ落ちることがありません。

水性塗料が完全に乾燥すれば樹脂と顔料だけが塗膜の中に残るので、雨がどんなに激しく打ち付けてきても塗膜が溶けることはありえないのです。

 

 

2 水性塗料のメリットとは?

水で薄めるという特徴がある水性塗料ですが、どのようなメリットがあるのでしょうか。

ここでは水性塗料を使うことによる主なメリットをいくつかご紹介していきます。

施工が簡単

水性塗料は1液性と言って、塗料もしくは塗料と水だけで塗装ができるタイプがほとんどです。そのため塗装するときの手間が少なく、施工がしやすいというメリットがあります。また塗る時の作業も比較的簡単なので、DIYで使用する塗料としてもおすすめです。

塗料は使用できる時間が限られています。使用中の塗料を容器に入れたまま放置しておくと次第に乾燥して使用できなくなりますが、水性塗料はフタを閉めておけばそのまま翌日でも使うことが可能です。一方、油性塗料は使用可能時間が当日中の数時間であることが多いため、手早く仕上げなければなりません。

なお油性塗料の多くは2液性と言って、硬化剤と呼ばれる液体を混ぜてから使用します。施工までに手間がかかる上、塗装にも一定の技術が必要です。

悪臭が少ない

水性塗料は水で希釈するため、シンナーを使ったときのような強い匂いがありません。作業するときの匂いが気になりにくいので、塗装するときのストレスが少なめです。

一方で油性塗料はシンナーで希釈するなど、匂いが強いことが多いので、作業時の匂いを軽減したい場合は水性塗料を使用します。

また、油性塗料はシンナーによる健康被害を防ぐために、塗装用のマスクをして作業をする必要がありますが、水性塗料はそのような準備は必要ありません。

価格が安い

溶剤系(油性)塗料よりも、水性塗料は価格面でやや安価です。塗装のコストを抑えたい場合は、水性塗料を使用します。

ただし耐久性は溶剤系塗料に比べると劣るので、過酷な環境な場所の塗装には向いていません。塗料を選ぶときは耐久性とコストの兼ね合いを考えて選んだ方が良いでしょう。

とは言え近年は水性塗料でも高い耐久性を持つ塗料も販売されていますので、油性塗料を避けたい場合はこういった高い耐久性を持つ水性塗料を使用する方法もあります。

有毒性が低い

水性塗料は主成分が水なので、人体への有毒性が低いです。油性塗料に使用するシンナーは人体に悪影響のある物質なので、使用する場合は十分な注意が必要になります。

また環境にも優しい塗料が多いので、廃棄の方法も油性塗料に比べると容易という特徴も。人体及び周辺環境に悪影響を与えない塗料を選びたい場合は、水性塗料の方が良いでしょう。

また水性塗料はシックハウス症候群を引き起こしにくいと言われています。シックハウス症候群が心配な場合も、水性塗料を選んだ方が安心です。

燃えない

先ほどもお伝えしましたが、水性塗料の主成分は水です。油性塗料のように引火性の材料は含まれていないため、引火する可能性がありません。

引火しやすい環境で作業することはほとんどないでしょうが、火を使う可能性がある場所で作業する場合は、水性塗料を使用した方が安全に施工できます。

また室内など狭い空間で作業するときも、引火性の低い水性塗料で作業した方が安心です。

 

3 水性塗料のデメリット

水性塗料にはメリットも多いですが、デメリットもあります。ではどんなデメリットがあるのでしょうか。

ここでは水性塗料の主なデメリットについて、いくつかおお伝えしていきます。

耐久性が低い

水性塗料は油性塗料に比べると、耐久性が低いという特徴があります。油性塗料はシンナーや硬化剤などを使用するため、使用が難しく作業中の匂いも強いですが、その分強い塗膜を作ることが可能です。

屋根や外壁など外の過酷な環境にさらされる場所の塗装を水性塗料で行うと、耐用年数が短くなってしまう可能性があるので屋根や外壁などには油性塗料の方が向いているでしょう。

とは言え屋根用の水性塗料も販売されており、耐久性が高い商品もあります。水性塗料にこだわりたい方は、そういった商品も検討してみると良いかもしれません。

密着性が低い

水性塗料は油性塗料よりも下地との密着度が低いです。密着度が低いために、劣化が始まると油性塗料よりもひび割れや破損が起こりやすいというデメリットがあります。

下地との密着度を高めたい場合はプライマーという下地を使えば密着度が上がる場合もありますが、油性塗料の方が密着度が高いのは変わりありません。

密着性の高い塗膜を作りたい場合は、水性塗料ではなく油性塗料を使った方が確実です。

工事の際に天候の影響を受けやすい

水性塗料は水で薄めることができる塗料です。そのため雨でも塗料が薄まってしまうため、雨の時に屋外での作業ができないというデメリットがあります。

一度塗装が乾燥してしまえば雨で流されることはありませんが、乾燥する前は水で流されてしまいます。工期が天気次第で伸びることもあるので、屋外での塗装を行う際は天候に注意しなくてはいけません。

天気で工期を左右されたくな場合は、油性塗料での塗装がおすすめです。

塗装できる下地が限られる

水性塗料は水でできているため、水を弾きやすい素材には直接塗装できません。水を弾いてしまう下地に水性塗料を使いたい場合は、プライマーと呼ばれる下地を塗る必要があり塗装に手間がかかる場合も。

水性塗料は塗装できる下地が限られているというデメリットがあります。幅広い素材に塗装をする必要があるときは、水性塗料ではなく油性塗料で塗装した方が、コストも工期も短縮できる可能性が高いです。

艶が落ちやすい

水性塗料にも艶があるタイプの塗料はあります。しかし油性塗料に比べると艶が落ちやすいという特徴があり、艶が長持ちしません。

美しい艶を長期間保ちたい場合は、油性塗料の方が向いています。艶で高級感を出したい場合は、油性塗料を使って塗装すると良いでしょう。

気温が低い場所での使用に向いていない

水性塗料は気温が低い場所で使用すると、うまく乾燥することができず本来の機能を発揮できなくなる可能性があります。特に冬場の寒冷地で塗装を行うのであれば、水性塗料を使用しないほうが無難でしょう。

油性塗料であれば気温に左右されません。夜間や雨天でないかぎり正常に乾燥します。

 

 

関連記事一覧

  1. 豊川 外壁塗装 屋根塗装
  2. 豊川 外壁塗装 屋根塗装
  3. 豊川 外壁 塗装
  4. 豊川市 外壁 屋根塗装
  5. 豊川 外壁塗装 屋根塗装
PAGE TOP