BLOG

自社施工と下請け施工の違いは?豊川市の外壁塗装・屋根塗装のグラフィティー

こんばんわ!

豊川市の外壁塗装、屋根塗装専門店グラフィティーです!

ホームページやチラシ等でよく目にする自社施工や下請け施工。
お客様にも、調査の際や見積説明の際には、ほとんどの確率で聞かれることが多いです。
それだけ、塗装会社が自社施工と名乗っているということでしょう。

「御社の工事は御社の社員で施工するのですか」
「あそこの会社は下請けに丸投げだからやめた方がいいと他の業者に言われた」
「会社によって説明の仕方が違うのですが、どれが本当なのでしょうか」
様々このような質問を受けることがあります。

そこで本日は自社施工と下請け施工についてお話したいと思います!!

自社施工と下請け施工の違い

自社で職人を抱えて自社の職人が施工するのが自社施工。

一方 大手ハウスメーカー様や大手のリフォーム業者は、基本的に営業や管理が中心で施行は、
工事の専門の別会社や下請け協力会社が施工を行うのが下請け施工。

営業や管理のみを中心とする営業会社も同様の施工が基本的には行われます。

同じ金額を払っても、仕上がりや接客に違いが出る理由があります。

そこを詳しくご説明していきます。

マージンの注意点

下請け業社は、元請け(契約会社)から中間マージンやバックマージンを省いた安価の施工金額が渡されます。その金額の中からさらに利益を出さなければいけません。必死にやりくりをしていかないと利益は出ないのです。

そうなると、下請けの心理状態はどうでしょうか?

手を抜けるところは抜いて、省けるところは省きたいとなってきます。

言い出せば切りがないほど手抜きの種類はあります。下請けさんももちろん、生活があるので、やむなくこうした残念なことになってしまいます。

原価を削るため「手抜き工事」は、自然にこうして行われるのです。下請け業者さんのすべてが、こうだとは言いません。

良い仕事をされている業者さんも多くいます。でも下請けさんも職人や家族を養うために必死に考えているのも事実だと言うことも覚えておいてください。

そのような、必死な姿がお客さまから見たら“怖い”と言う姿に見えてしまい、逆に言いたいことも言えず、お客さまの方が気を使うことになったら、はっきり言って大金を払っている意味がなくなってしまいます。

怖く映らなくても『ここも〇〇営業マンさんに言ったのでお願いします。』と言っても「いやぁ~元請けからは何も聞いてないので無理です。」と返事される状況も十分にありえますし、

予定していた工事が実際施工してみると下地が腐食していて塗装ではどうにもならない状態が発生した際など、自社職人ならその場で解決して、即対応して解決できる場合が多いかと思いますが、下請けに丸投げ施行ですと、元々見積には入っていない、自分は塗るだけだからわからない。

など管理、営業、元請に報告してからの回答になるのでレスポンスが遅いなどデメリットがあるケースも御座います。

さらに酷い場合、元請けから「今度は〇月に塗装工事」の依頼を受けても、下請けも忙しい時は、孫請けまで工事が発注されることもこの業界では普通にあることなんです。

そうなったら、2つマージンが発生し、孫請けはさらに予算が厳しいので塗装工事はどうなるかは言うまでもありませんよね。

職人なろうと決めたきっかけは、皆「技術を磨きたい」「手間を惜しまず誰かに喜ばれる仕事がしたい」と思って職人になるのです。

誰も見ていなくても、細かいところにこだわった仕事をするのが“本来の職人”の姿と言うものです。

しかし、就職する時に描いていた“本来の職人”の姿も下請けや孫請け会社に就職すると、思うような仕事ができない、現実に突きつけられなんのために職人になったのかもわからなくなり、次第に職人になろうと思った時の気持ちを忘れ、ただ毎日の流れ作業になってしまいます。

職人が安心して腕を振るうことができるのは、お客さまからのご依頼を直接依頼され、塗装工事の最初から最後までを一貫して行うことのできる自社職人を抱えている会社だと思います。

自社施工のメリット

工事金額のみで施工できる事!

かかる費用は工事代金のみ。余分な経費・マージンはありません。

イメージとしては、「品質は大手の企業の2倍」「費用はそのまま」といった無駄を排除した価格で丁寧な住宅塗装工事を行うことができます。

まとめ

もちろん、全ての下請け施工が悪いという訳ではありません。
ただ、何点かの注意点があります。

1点目は、施工品質です。

営業が仕事をとるだけ取って、後は下請けに丸投げのような形態では施工も指示に沿って塗るだけの工事になってしまいます。

塗装工事は、塗料を塗るだけではなく下地工事、塗装工事と技術によって仕上がりも異なります。
一般的に簡単そうに見えますが難しい工事です。
品質を重要としている会社さんであれば日々の施工事例や失敗事例を会社全体で共有して、向上していると思います。

営業の段階から塗料の商品を売っているだけでなく、品質、施工までを適正にご説明できる点を考えますと、一つの会社で施工まで行う会社さんの方が勿論連携はとれます。

2点目はサービスと対応力です。

工事中の予想外の出来事も、連携を取り、しっかりと完了まで仕上げる事が大切です。

大手ハウスメーカーさんなどは管理がしっかりしていますので、安心ですし、自社施工会社は小回りがききますので、よりスピーディーな対応ができるなど、どちらもメリットがあると言えます。

グラフィティーでは

職人の教育にも力を入れ、会議や朝礼、帰社後のミーティングなどで進捗状況や、注意点などを共有。

より良い施工ができるよう、全社員が一丸となり、毎日施工させて頂いております!!!

浜松 外壁塗装 屋根塗装

まずはご相談下さい!!
コロナ対策としてネットからの来店予約や、お電話でのお問い合わせも承っております🤗

浜松 外壁塗装 屋根塗装

豊川市の皆様のお住いに関するお悩みや不安をお気軽にご相談ください!

豊川市の一般的なお家で外壁塗装ってどのくらい費用がかかるの?
外壁塗装の工期ってどのくらいがかかるの?
外壁塗装ってどのくらいの予算内で工事ができるの?
外壁塗装、塗り替えって必要なの?
塗り替えリフォームの時期はいつ?
豊川市では外壁塗装はどんな業者に任せたらいいの?
…こんな方は是非お越しください。

外壁塗装&屋根リフォームのご質問&ご相談は無料です!!
お気軽にご来場ください!どなたでもお越しいただけるお祭りです!

予約はこちらからもできます!⇒https://graffity-tosou.jp/showroom/

電話予約の方はコチラ!⇒053-401-1874

外壁塗装・屋根塗装・防水工事をお考えの方は浜松市のグラフィティーで、是非一度 ご相談ください(*^^*)

GRAFITYショールームのご案内

ショールームには体験キッドや実際に使われている材料など。
皆様が実際に見て触れて感じて頂けるものをご用意しております。

ご相談・お見積りはグラフィティーまで!

不安な点や、気になる事は今すぐ解消しましょう。

グラフィティーではご相談・現地調査・お見積り提出まで無料で承らせて頂きます。

GRAFITYの塗装ラインナップ☆彡

「外壁塗装・屋根塗装の価格を知っておきたい!」という方は、是非ご覧ください。

GRAFITYの施工事例♫

「外壁塗装・屋根塗装を依頼したいが、色のイメージが湧かない…」
そんな方には、カラーシュミレーションの前にこちらをご覧いただきたいです!

※今ならお見積り依頼キャンペーンで素敵なプレゼントがもらえるかも!?

静岡県浜松市の外壁塗装&屋根塗装専門店グラフィティー
浜松ショールーム

〒432-8068 静岡県浜松市西区太平台3丁目7-16

TEL:053-401-1874 

本社

〒442-0857 愛知県豊川市八幡町字足洗6
TEL:0533-95-3225

関連記事一覧

  1. 豊川 外壁塗装 屋根塗装
  2. 豊川 外壁塗装 屋根塗装
  3. 豊川 外壁 塗装
PAGE TOP