BLOG

雨天時の外壁塗装について 豊川市の外壁塗装・屋根塗装専門店のグラフィティー

おはようございます!

豊川市の外壁塗装・屋根塗装専門店のグラフィティーです。

今回は、雨天時の外壁塗装についてお話しさせていただきます。

♦︎雨の日の外壁塗装はNG!

豊川 外壁 塗装

外壁塗装にとって雨は最大の敵といっても過言ではありません。雨にどう対応するかで、業者の質も判別できるでしょう。雨が塗装に与える影響や、雨天時の業者の対処法、優良な業者の探し方などを説明していきます。

 

1 外壁塗装に適した時期はある?

季節による気温や湿度の変化が大きい日本で、外壁塗装に最適な時期はいつなのでしょうか。塗装に向く時期や避けたほうがよい期間、季節ごとの注意点について解説しましょう。

気温や湿度の条件

外壁塗装に適した気候条件は、気温が低すぎず空気が乾燥した環境になります。具体的には「気温5度以上、湿度85%以下」の目安をクリアしていれば、基本的に時期を問わず工事自体は可能です。ただし季節ごとに注意するポイントがあるため、以下の一覧表で解説します。

時期 特徴・注意点
気温や湿度は適しているが、春雨前線による雨に注意
晴れの日が多いがゲリラ豪雨に注意
春と並び塗装向きの時期だが、秋雨前線の雨が厄介
気温低下や場所によっては降雪に注意

あえて理想的な時期を挙げるなら、春か秋の雨が降っていない日です。需要の多い時期のため予約は早めに入れておく必要があるでしょう。

梅雨は避けるのが無難

外壁塗装に向かないのは梅雨の時期です。雨が降ったら塗装ができないため、作業は中止です。塗料を塗っている最中や、塗り終えて乾く前に雨が降れば、塗り直しが必要になり余計な時間がかかるでしょう。

梅雨の時期は人気がないため、すぐ工事ができそうだからと中には積極的に申込みを考える人もいるかもしれません。業者も売上低下を防ぐため、梅雨の時期にキャンペーンを強化するケースもあります。

ただ質の高い外壁塗装を望むなら、やはり梅雨時は避けるのが無難でしょう。雨水や高い湿度は、外壁塗装の要ともいえる塗料に対して悪影響を与えかねないためです。

2 外壁塗装へのよくない雨の影響とは

塗料にとって雨は大敵です。ムラができたり色が変わったりとよい影響はありません。具体的にどんな影響を与えるのか説明していきましょう。

塗装の耐久性が落ち浮きやはがれの原因に

雨の日に塗装工事をしない理由は「塗料が乾燥せず密着しにくくなる」ためです。外壁塗装は基本的に「下塗り・中塗り・上塗り」と三つのステップで行われますが、どの工程でも塗った後に十分に乾燥させ、塗膜を硬化させる必要があります。

このときに雨水が付いたり湿度が高かったりすると、塗料がしっかりと乾かず、塗った部分が浮いたり、亀裂ができたり、剥がれてきたりするでしょう。下の塗料が乾かないと次の工程に進めないため、雨が続くと工期も大幅に遅れてしまいます。

悪質な業者の場合「雨でも問題なく工事できますよ」と、梅雨でも外壁塗装をすすめられる可能性もゼロではありません。深く考えず工事をスタートさせた結果、短期間で塗装の剥がれなどが起きた場合、雨による塗料の劣化を考えないずさんな作業が原因のひとつとして考えられるでしょう。

仕上がりの見た目も悪くなる

雨や湿気は塗装の仕上がりにも悪影響を及ぼします。よく見られるのが、塗装面にムラができ、仕上がりの完成度が低い状態になるケースです。雨の日に作業を行った結果、塗料が乾いていない部分に雨が当たりムラになったり、色が薄くなったりします。

業者に塗装してもらった後、近くで見ると塗装面に違和感を覚えるケースもあるでしょう。後で問い合わせて再び工事を依頼しても、一度塗った部分を剥離させ、きれいに整えてから再塗装する必要があるため、工事のスケジュールが遅れます。また場合によっては再塗装の費用が加算されるケースもあるでしょう。

3 雨が降った場合の対処方法

基本的に雨が降ったら塗装は行いませんが、全ての作業を中断するわけではありません。雨天による工期の遅れの有無、雨天時に可能な作業内容など、気になる部分を解説します。

塗装作業は中断する

外壁塗装の作業中に雨が降ってきたら、塗装作業はストップすると考えましょう。多くの業者は雨や湿気のリスクを熟知しているため、塗装を行うことは基本的にありません。より慎重な業者だと、工事日の降水確率が50%を超えていると、軒天など雨水が当たらない場所を塗るなど、作業を変更するでしょう。

「どうしても予定通り仕上げたい」と無理に作業をお願いしても、たいていの業者は断ってきます。無理を押して作業してもらい仕上がりが悪くなっても、通常の保証が適用されるとは限らないためです。

雨が続いて工事の終了日が遅れても、追加費用は発生しないケースがほとんどです。最初にスケジュールを組むときに雨の日も計算に入れるため、想定の範囲内になるでしょう。

雨の中使える塗料もあるって本当?

関西ペイントが開発した「アレスダイナミックフィラー」は、雨が降っても塗装可能な塗料です。ただし下塗り専用品のため、中塗りや上塗りはできません。

アレスダイナミックフィラーは主剤と強化剤で構成されているのが特長です。晴天の日は主剤のみを使い、雨天時は強化剤を混ぜることで、雨水に影響されにくい塗装ができます。高圧洗浄後の濡れた壁面でも塗装が可能なため、工期の短縮も期待できるのです。

雨が降っていてもできる作業

雨天時は塗装作業は基本的にできないものの、一部の作業は進められます。具体的には「高圧洗浄」「足場の組立や解体」「飛散防止シートの設置」の作業が可能です。高圧洗浄は塗装を行う前に、外壁や屋根の汚れを落とすために行います。使用するのは高圧の水なため、雨中の作業も問題はありません。

足場の組立や解体も、雨が直接的な作業の妨げにはならないでしょう。ただし雨で機材や地面が濡れると、転倒事故や落下事故につながる可能性もあるため、小雨よりひどくなったら中止する業者が多くなります。

飛散防止シートは、塗装工事中に塗料の飛沫が外へ飛ばないように被せるものです。作業の過程で外壁を触るようなことはなく、基本的に雨が降っても作業ができます。他にも作業場の清掃や養生、養生剥がしなども雨の影響を受けにくいでしょう。

雨上がり後や雨の翌日の塗装は?

塗装面が雨で濡れてしまったら、完全に乾くまで次の作業はできないと考えたほうがよいでしょう。水気が残った上から塗料を塗ると、乾燥後に塗膜が剥がれたり気泡ができたりするのが理由です。

塗装工事日の明け方まで雨が降っていた場合は、当日の作業は行いません。その分スケジュールは遅れてしまいますが、美しい仕上がりのためと思い我慢しましょう。雨が前日に止み、気温が高く水分が蒸発しやすい夏季なら、予定通り作業を行える可能性もあります。

塗料は数多くの商品があり使われている成分や基材、塗膜の乾燥時間も製品によって違いがあるため、工事で使う塗料の性質も把握しておくのが重要です。

豊川市の皆様のお住いに関するお悩みや不安をお気軽にご相談ください!

豊川市の一般的なお家で外壁塗装ってどのくらい費用がかかるの?
外壁塗装の工期ってどのくらいがかかるの?
外壁塗装ってどのくらいの予算内で工事ができるの?
外壁塗装、塗り替えって必要なの?
塗り替えリフォームの時期はいつ?
豊川市では外壁塗装はどんな業者に任せたらいいの?
…こんな方は是非お越しください。

外壁塗装&屋根リフォームのご質問&ご相談は無料です!!
お気軽にご来場ください!どなたでもお越しいただけるお祭りです!

予約はこちらからもできます!⇒https://graffity-tosou.jp/showroom/

電話予約の方はコチラ!⇒053-401-1874

外壁塗装・屋根塗装・防水工事をお考えの方は豊川市のグラフィティーで、是非一度 ご相談ください(*^^*)

GRAFITYショールームのご案内

ショールームには体験キッドや実際に使われている材料など。
皆様が実際に見て触れて感じて頂けるものをご用意しております。

ご相談・お見積りはグラフィティーまで!

不安な点や、気になる事は今すぐ解消しましょう。

グラフィティーではご相談・現地調査・お見積り提出まで無料で承らせて頂きます。

GRAFITYの塗装ラインナップ☆彡

「外壁塗装・屋根塗装の価格を知っておきたい!」という方は、是非ご覧ください。

GRAFITYの施工事例♫

「外壁塗装・屋根塗装を依頼したいが、色のイメージが湧かない…」
そんな方には、カラーシュミレーションの前にこちらをご覧いただきたいです!

※今ならお見積り依頼キャンペーンで素敵なプレゼントがもらえるかも!?

静岡県浜松市の外壁塗装&屋根塗装専門店グラフィティー
浜松ショールーム

〒432-8068 静岡県浜松市西区太平台3丁目7-16

TEL:053-401-1874 

本社

〒442-0857 愛知県豊川市八幡町字足洗6
TEL:0533-95-3225

 

 

 

 

 

関連記事一覧

  1. 豊川 外壁塗装 屋根塗装
  2. 豊川 外壁 塗装
  3. 豊川 外壁 塗装
  4. 豊川 外壁塗装 屋根塗装
PAGE TOP