BLOG

雨漏りについて 豊川市の外壁塗装・屋根塗装専門店のグラフィティー

おはようございます!

豊川市の外壁塗装・屋根塗装専門店のグラフィティーです。

今回は、雨漏りについてお話しさせていただきます。

♦︎雨漏りは外壁から起きることも!

豊川 外壁塗装 屋根塗装

業者に「外壁から雨漏りしている」と言われたものの、そもそも外壁から雨漏りが発生することはあるのかと、疑問に思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

雨漏りというと屋根から発生するイメージが強いですが、実際には外壁からも雨漏りは発生します。

公益財団法人 住宅リフォーム・紛争処理支援センターの調査によると、戸建住宅における相談件数の多い不具合事象の第一位が外壁のひび割れ・雨漏りという結果も出ており、外壁からの雨漏りは決して珍しい不具合ではありません。

そして、屋根からの雨漏りも、外壁からの雨漏りも、同じ雨漏り。雨水の浸入する箇所が異なるだけで、住まいに雨漏り被害をもたらすという意味では何ら違いはありません。

1.なぜ、外壁から雨漏りが発生するのか?

外壁から雨漏りが発生する原因は、大きく「施工不良」と「外壁の劣化」の2つに分けられます。

1-1.ケース①|新築住宅に雨漏りが発生した場合、施工不良の可能性大

「家を建てたばかりなのに、もう外壁から雨漏りがしている」という場合には、家を建てたときの施工不良が原因の可能性が高いでしょう。

雨水の浸入経路となりやすいのは、窓枠、換気口などの開口部と呼ばれる部分。窓や換気口を設ける際に、きちんと雨仕舞(建物内部に水が浸入しないように施工すること)ができていないと、そこから雨漏りが発生することがあります。

 

1-2.ケース②|外壁の劣化箇所から雨漏りが発生することがある

モルタル、サイディング、タイルetc…、どんな素材の外壁も時間の経過とともに劣化が進行します。そして劣化の症状によっては、雨漏りを引き起こす原因となることも。特に梅雨の長雨の時期や、台風によって横なぐりの雨が降ったときなどは、劣化箇所から雨漏りが発生しやすいため、注意が必要です。具体的な劣化の症状については、下記の表を参考にしてください。

●雨漏りの原因となる、外壁の劣化症状まとめ

・シーリングの割れ

・シーリングの剥がれ

・ひび割れ(0.3mm以上)

・欠けている箇所がある

 

2.雨漏りは補修必須!放っておくと家の寿命が縮まってしまうことも

雨漏りに気づいていても、「日常生活に大した支障はないし、当面は放っておこう」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、雨漏りは見つけたら、スグに補修するのが鉄則です。

ひとたび雨漏りがはじまると、補修しない限り、永続的に建物内部に水が入り続けることになります。そして、その被害は、生活に支障をきたすだけではありません。雨水は家の内部にどんどん入り込むことにより、柱などの躯体を腐食させていきます。その結果、家の寿命を大きく縮めてしまうこともあるのです。

場合によっては、健康被害を誘発し、アトピーやアレルギー性気管支肺アスペルギルス症(ABPA)、過敏性肺臓炎などを引き起こす原因となるコウジカビ「アスペルギルス」を発生させてしまうこともあります。

そこで、「雨漏りかな?」と思ったら、まずは住まいのプロに、雨漏りの被害や進行状況、補修の必要性等を診てもらうのがオススメです。住まいを診るだけなら無料で対応してくれる業者がほとんどなので、気軽に相談してみましょう

 

 

 

 

 

 

関連記事一覧

  1. 豊川 外壁 塗装
  2. 豊川 屋根 塗装
  3. 豊川 外壁 塗装
  4. 豊川 外壁塗装 屋根塗装
PAGE TOP