BLOG

雨漏りについて 豊川市の外壁塗装・屋根塗装専門店のグラフィティー

こんばんわ!

豊川市の外壁塗装・屋根塗装専門店のグラフィティーです。

今回は、雨漏りについてお話しさせて頂きます。

♦︎雨漏りは塗り替え塗装で直る?~雨漏り防止塗料や外壁防水塗装とは~

さまざまな暮らしに役立つ情報をお届けします。

雨漏りは塗り替え塗装で直る?~雨漏り防止塗料や外壁防水塗装とは~

雨漏りを修理するにあたって、「塗り替え塗装をすれば直る」という話を聞いたことはありませんか?もちろん、塗り替え塗装で雨漏りが直る場合もありますが、雨漏りが発生する場所や原因、対処法もさまざまです。そこで今回は、雨漏りが塗り替え塗装で直るケースや、雨漏り防止に使える塗料・塗装方法などをご紹介します。

雨漏りを修理するにあたって、「塗り替え塗装をすれば直る」という話を聞いたことはありませんか?

もちろん、塗り替え塗装をすることで雨漏りが直るというケースもありますが、何でも塗装をすれば雨漏りが直るというわけではありません。

雨漏りが発生する原因は屋根・外壁などの場所によって複数あり、その解決策も今使っている屋根材や外壁材、塗料、原因などの条件によって何十パターンにも分かれます。

そこで今回は、雨漏りが塗り替え塗装で直るケースや、雨漏り防止に使える塗料・塗装方法などについてご紹介したいと思います。

1 塗り替え塗装で直る雨漏りとは

「雨漏りは塗り替え塗装をすれば直ることもあるけれど、直らないこともある」という文章をよく目にされたかと思います。

結論から申し上げると、まさにその通りで、塗り替え塗装で直ることもあれば直らないこともあります。

ただ、そんな言葉だけ言われても悩みは解決しませんよね。そこで、ここでは塗り替え塗装で直る雨漏りの原因をご紹介したいと思います。

 

2 施工時の塗装ミスや技術力不足による雨漏り

モルタルのように現場で材料を混ぜて、職人の手で仕上げる外壁材は職人の技術力によって仕上がりに大きな差がでます。

築浅なのに外壁にひび割れが入っていて、そのひび割れ付近から室内に雨漏りが起こっているような場合は施工時に使う塗料の量が少なかったり、ムラがあってひび割れが入って雨漏りしている可能性があります。

こういった塗装に関するトラブルが原因の場合は、塗り替え塗装で雨漏りが直ります。しかし、塗料や外壁材の下には防水シートなどの雨水を防ぐ資材が入っているので、塗料が直接の原因になることは珍しいでしょう。

3 鉄骨・鉄筋コンクリート造の建物の場合

鉄骨・鉄筋コンクリート造の建物は一次防水のみの構造となっていることが多く、塗り替え塗装で雨漏り予防の補修をすることがあります。

ただし、すでに雨漏りがしている場合で、防水層に水が入ってしまっている場合は塗装以外の作業が必要になります。

4 塗り替え塗装で直らない雨漏りの原因

先ほどは、塗り替え塗装で直る雨漏りの原因についてご紹介しましたが、今度は「塗り替え塗装では直らない雨漏りの原因」についてご紹介したいと思います。

もしも、業者に雨漏り修理を依頼したときに、ここに記載されているような原因で雨漏りが起こっているのに外壁塗装を勧められた場合は、その業者にどうして外壁塗装をするのか説明をしてもらった方がいいでしょう。

外壁の補修を行った後に、塗装をすることは有りうることなので必ず業者の説明を聞いてから判断しましょう。

塗り替えで直らない雨漏り1.塗装の下側・内側の部分に問題がある

塗装は、建物の一番外側の部分となり、塗装と家の中の間には防湿や断熱のための構造があります。

塗装に加え、塗装より下側・内側の部分も劣化している場合は、塗り替え塗装だけでは雨漏りを直すことができません。

塗り替えで直らない雨漏り2.塗り替えをした場所以外にも雨漏りの原因がある

塗り替え塗装の場所だけではなく、建物の複数箇所から雨水が侵入して雨漏りしているというケースがあります。

たとえば、雨漏りの原因を探っていたら塗装部分に劣化を発見したので、塗り替え塗装を行ったとします。

しかし、窓サッシやベランダなど、補修箇所以外からも雨水が侵入していた場合は、その箇所も修理しなければ雨漏りは直りません。

雨漏りの調査は有料だが実施した方がいい理由

この例のように、雨漏りの原因が複数ヶ所あるのに、一箇所しか修理をしないというトラブルは、「目視による雨漏り調査しかしていない」ことが原因でよく起こります。

雨漏りの調査というと、散水調査やサーモグラフィ調査などの専用機材を使った調査の場合は目視よりも調査料が高くなります。

そのため、一番安い目視調査のみで済ませたくなりますが、目視調査はあくまで「人間の目で見える箇所だけ」をチェックする調査なので目で見えない場所の調査はできません。

しっかりと確認しておきたい場合は、散水調査やサーモグラフィ調査などの専用機材を使った調査をされることをおすすめします。

塗り替えで直らない雨漏り3.塗り替え時の施工不良

屋根の塗装には「縁切り」という、屋根材どうしの隙間に塗料が詰まってしまうのを防ぐための工程があります。この縁切りが不十分だったり、そもそも行程自体を省いたりすると、塗料が水の通り道をふさいでしまいます。

その結果、屋根の雨水が排水できなくなって、雨漏りとなることがあります。このように、雨漏りの対策のために塗装を行ったのに、逆効果になってしまうというケースもあります。

自分で雨漏り補修をしてよくやる失敗

自分で雨漏り補修をしようとしてよくやってしまう失敗のひとつに、「排水のために必要な隙間も塞いでしまう」というものがあります。

屋根材には、屋根にたまった水を屋根の下に排水できるように排水用の隙間があります。一目みただけでは、排水用なのか、屋根材が破損したのかわからないものもあります。

補修に失敗すると、その失敗した補修も修理する手間がかかるので、自信がない人は何もしないで業者に任せることをおすすめします。

5 屋根塗装では雨漏り修理ができない?

外壁の雨漏り原因の一部は塗装の塗り替えで修理することが可能ですが、屋根の雨漏りについては基本的に屋根塗装で雨漏りを修理することはできません。

外壁は修理できる可能性があるのに、屋根だけできないなんて不思議ですよね。しかし、屋根の構造を知ってしまえば「あぁ、だから屋根塗装じゃ直らないんだ。」と納得できると思います。

そこでここでは、屋根の防水構造、屋根塗装では雨漏りの修理ができない理由についてご説明したいと思います。

屋根塗装は瓦やスレートの上に施工される

瓦やスレートは遠くから見たら隙間なく敷き詰められているように見えますが、実際は、瓦やスレートの下に入った雨水が屋根の下に排水されるように隙間が空いています。

水が流れていくと雨漏りしてしまうのではないかと思われますが、水をはじく防水シートがあるので家の中には水が漏れてくることはありません。

屋根塗装は、瓦やスレートの表面に塗られるため直接雨水を弾いているわけではありません。雨水を直接弾いているのは防水シートなので、屋根塗装をしても雨漏りが直ることはありません。

屋根塗装をした後に雨漏りがする理由

屋根塗装では雨漏りが直らない理由についてご紹介しましたが、中には「屋根塗装をした後に雨漏りがする」というトラブルに遭遇する人もいます。

よくある施工ミスですが、屋根塗装で瓦やスレートの排水路を塗料で塞いでしまっているので瓦やスレートの下に入った雨水が排水されずに、屋根材の下に漏れている状態です。

この場合は、「縁切り(ふちぎり)」で隙間を塞いでいる塗料を切りとることで修理が可能です。

 

6 雨漏りを予防できる塗料や塗装方法

塗り替え塗装は、雨漏りの補修よりも、予防やメンテナンスの意味合いで行うことが多い施工内容です。

ここでは、雨漏りを防止するのに使われる塗料や塗装方法についてご紹介したいと思います。

雨漏り防止塗料とは

雨漏り予防での外壁塗装には、防水塗料を使用すると効果的です。防水塗料とは、簡単に言うと伸縮性の高い弾性塗料のことをいいます。

他の塗料に比べてよく伸びるので、外壁材のひび割れが起こったときも塗膜が伸びて割れないので雨水の侵入を防ぐことができます。

ただし、耐用年数が5~10年と短いため、定期的なメンテナンスが必要となります。

防水塗装について

防水塗装は、一般的にベランダや屋上といった水の溜まりやすい部分に行う塗装になります。

防水塗装がされているかどうかは、ベランダや屋上の床を見て「コンクリートが剥き出しになっていれば」防水塗装がされていないということがわかります。

防水塗装などをしてみたいときは、複数業者に見積りをとって使う塗料や料金・対応などを比べておくと安心です。

豊川市の皆様のお住いに関するお悩みや不安をお気軽にご相談ください!

豊川市の一般的なお家で外壁塗装ってどのくらい費用がかかるの?
外壁塗装の工期ってどのくらいがかかるの?
外壁塗装ってどのくらいの予算内で工事ができるの?
外壁塗装、塗り替えって必要なの?
塗り替えリフォームの時期はいつ?
豊川市では外壁塗装はどんな業者に任せたらいいの?
…こんな方は是非お越しください。

外壁塗装&屋根リフォームのご質問&ご相談は無料です!!
お気軽にご来場ください!どなたでもお越しいただけるお祭りです!

予約はこちらからもできます!⇒https://graffity-tosou.jp/showroom/

電話予約の方はコチラ!⇒053-401-1874

外壁塗装・屋根塗装・防水工事をお考えの方は豊川市のグラフィティーで、是非一度 ご相談ください(*^^*)

GRAFITYショールームのご案内

ショールームには体験キッドや実際に使われている材料など。
皆様が実際に見て触れて感じて頂けるものをご用意しております。

ご相談・お見積りはグラフィティーまで!

不安な点や、気になる事は今すぐ解消しましょう。

グラフィティーではご相談・現地調査・お見積り提出まで無料で承らせて頂きます。

GRAFITYの塗装ラインナップ☆彡

「外壁塗装・屋根塗装の価格を知っておきたい!」という方は、是非ご覧ください。

GRAFITYの施工事例♫

「外壁塗装・屋根塗装を依頼したいが、色のイメージが湧かない…」
そんな方には、カラーシュミレーションの前にこちらをご覧いただきたいです!

※今ならお見積り依頼キャンペーンで素敵なプレゼントがもらえるかも!?

静岡県浜松市の外壁塗装&屋根塗装専門店グラフィティー
浜松ショールーム

〒432-8068 静岡県浜松市西区太平台3丁目7-16

TEL:053-401-1874 

本社

〒442-0857 愛知県豊川市八幡町字足洗6
TEL:0533-95-3225

 

 

 

 

 

関連記事一覧

  1. 豊川 外壁 塗装
  2. 豊川 外壁 塗装
  3. 豊川 外壁塗装 屋根塗装
PAGE TOP