吹付工事

吹付工事とは、吹付の機械を用いて行う工法です。
凹凸の多い場所でも施工可能で、均一にキレイな仕上がりが可能となります。
仕上がりのバリエーションも豊富で、豊富な模様から選ぶことが出来ます。
公共の建物や一般住宅で幅広く施工しており、きっとお客様にご満足頂ける最適な仕上げを致します。

リシン模様

左官屋の高級仕上げである『掻き落とし』にた仕上がりになります。
艶感を無くすことで、大粒の味がある落ち着いた雰囲気を演出することが出来ます。

逆に艶を出すことにより今どき風の仕上がりにも施工いたします。

ゆず肌模様

あえて凹凸を作ることで雰囲気を表現しております。
艶感があり、まるで柚子の表面のような凸凹した模様になります。。

スタッコ状模様(吹き放し)

素材に天然石や陶磁器砂、貝殻などを含ませています。
ザラザラ感と重量感があり、落ち着いた色合いが特徴的な模様です。

玉吹き

約1ミリから10ミリ程度の塗料を玉状に吹き付ける工事になります。

吹き付けた後に、ローラで平たく押して施工を行う作業なども併用する場合がある塗装工事になります。

最後に

様々な塗装方法がありとても奥深い吹付工事ですが、技術を得とくした者のみ行える作業になりとても高度な技術が必要です。

弊社では施工可能な職人も在籍しております。

ご興味のある方は一度お問い合わせください。

PAGE TOP