防水工事

防水工事を建物に施すことで実質的に建物の寿命を延ばすことに繋がります。
何もしていない素の状態ですと、ビビ割れなどによって雨水が侵入してきます。
すると雨漏りだけでなく、建物そのものにもダメージが蓄積していってしまうのです。
その蓄積が何年も溜まっていくことで、建物そのものがダメになってしまうという事なのです。
防水加工には、そんな雨水などの侵入を防ぐ効果があるのです。
その防水加工にも種類があるので、その特徴を長所と短所を踏まえご紹介致します。

ウレタン防水

ウレタン防水は施工場所が複雑な構造をしていたとしても下地に忠実に馴染みます。
なので簡単かつスピーディーな作業が可能となり、素材そのものが軽いという特徴もあります。
価格も安価で臭いや熱も発生せず、環境にもとてもよい素材なのです。
下地に既に防水加工があったとしても、その上から直接塗ることが可能です。
しかしヒビ割れや劣化が若干早いので、メンテナンス周期は他の素材と比べ早めに行う必要があります。

ゴムシート防水

ゴムシート防水は素材がゴムなので伸縮性があり、下地に亀裂が合った場合でも柔軟に馴染ませることができます。
また、下地とゴムシートを接着剤と粘着テープで貼り付けるだけなので、施工期間も短くコストも低く抑えることができます。
しかし、下地が水平でないと施工できないという欠点があり、さらに耐久年数は接着剤の耐久年数に比例します。
鳥害や衝撃に弱いので目立ちにくい場所や応急処置としての利用がおすすめです。
化学物質を使用しているのでシックハウスに原因にもなる可能性があります。

塩ビシート防水

塩ビシート防水は、塩ビシートを下地に接着剤や熱風で貼り付けて施工します。
このとき下地が平らである必要があります。
塩ビシートは環境の変化に強く紫外線・熱・オゾンにも強い耐久性があります。
また害鳥被害にも強く、鳥のツイバミなどによる被害もあまり気にする必要がありません。
施工の際も塩ビシート同士が重なった場所は熱により一体化させることが出来ます。
接着剤で上手く接着できない場合でも、熱風で溶かして接着させることが可能です。
塩ビシートはバリエーションが豊富にあるため、様々な柄を選ぶことが出来ます。
短期間で低コストな施工が可能です。

アスファルト防水

昔からされている防水方法なので、その信頼度も高い工法です。
アスファルトと溶かし幾重にも重ねていくので、その水密性は非常に高いです。
しかし紫外線に弱いのでモルタルによる保護が必要となってきます。
モルタルで保護することで、耐久性が格段に上がりメンテナンス回数も減らすことが可能です。
工事中に臭いが発生するのと、工事の手間が掛かるというデメリットがあります。
耐久性と防水性が高いのですが、重たいので木造建築には不向きといえます。

FRP防水

ウレタン樹脂をガラス繊維に塗布し、トップコートを施工し完工いたします。

一般的にも多く用いられ、船底にも使用されている大変丈夫で雨漏りに強い防水方法です。

PAGE TOP